MENU

『ペイトナー ファクタリング』(旧yup『先払い』)の評判・口コミは?ファクタリング会社徹底調査

ペイトナーファクタリング
yup株式会社が社名変更「ペイトナー株式会社へ」

yup株式会社は、2022年1月14日(木)付けで、社名を「ペイトナー株式会社」に、提供するオンライン型ファクタリングサービス『先払い』のサービス名を『ペイトナー ファクタリング』に変更しました。

毎月決まった日に給与がもらえる会社員と違い、フリーランスとして独立すると、不定期な収入や長期の支払いサイトに悩まされる方も少なくありません。

十分な手元資金があれば問題はありませんが、かならずしも準備万端で独立した方ばかりでは無いでしょう。

企業であれば、当面の運転資金を銀行融資に頼ることもできますが、フリーランスの場合は、融資の審査を通るのが難しく、かといって消費者金融などに頼ってしまうと、毎月の返済に苦しむことになりかねません。

そこでおすすめなのが、手持ちの請求書を売却して資金調達ができる「ファクタリング」という方法です。

特に、この記事で紹介する「ペイトナー ファクタリング」は、最短即日対応で、少額から資金調達可能なフリーランス・個人事業主の方にベストマッチした資金調達サービスになっています。

この記事では、そんな「ペイトナー ファクタリング」の評判・口コミや利用方法、そして審査を通過するためのコツを紹介します。

この記事でわかること
  • ペイトナー ファクタリングのサービス概要
  • ペイトナー ファクタリングの利用方法
  • ペイトナー ファクタリングで審査を通過するためのコツ

「細かいことはいいから、いますぐペイトナー ファクタリングを使ってみたい」という方は、以下のリンクからペイトナーの公式サイトを開き、無料ユーザー登録をしてみてください。

資金調達スタート

登録完了後、すぐにファクタリングを利用できます。

\いますぐ無料ユーザー登録をする/
初期費用・月額費用は完全無料
目次

ペイトナー ファクタリングの概要

\いますぐ無料ユーザー登録をする/
初期費用・月額費用は完全無料

「ペイトナー ファクタリング」(旧yup「先払い」)は、取引先へ送った入金前の請求書を売却することで、最短10分で報酬を受け取ることができるフリーランス向けの報酬即日払いサービスです。

すべてオンラインで手続きできるので、PC・スマホがあれば、いつでも・どこからでも申込が可能です。

サービス開始は2019年11月と、まだ新しいサービスですが、開始1年半で申し込み件数が1万件を超えるなど、急速に成長しています。

運営会社は「ペイトナー株式会社(旧yup株式会社)」という日本のベンチャー企業です。

ペイトナー株式会社の設立は2019年2月と歴史は浅いものの、三菱UFJ銀行や第一生命など、様々な著名企業と相次いで提携を結んでおり、信頼感も十分の企業といえます。

総合評価 (4.5)
会社名ペイトナー株式会社
代表者名阪井 優
所在地東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3階
電話番号
公式サイトhttps://paytner.co.jp/
営業時間平日10:0018:00
設立2019年2月4日
事業内容BtoB決済サービスの提供、与信モデルの企画・開発・運営
取引形態2社間ファクタリング
手数料10%(一律)
買取可能額1万25万円(初回)
対応エリア全国
資金化スピード最短10分
個人事業主の利用
オンライン契約
債権譲渡登記なし
申込方法オンライン
必要書類本人確認書類

請求書
\いますぐ無料ユーザー登録をする/
初期費用・月額費用は完全無料

ペイトナー ファクタリングの評判・口コミ

評判・口コミ

ここでは、ペイトナー ファクタリングの評判・口コミを紹介します。

審査結果と入金完了の2つの知らせが同時に届くので、基本的に待ち時間はありません。

審査は数時間、遅くても当日中に終了します。

今まで審査に時間がかかったことはないですね。

請求書はオンラインへのアップロードで、電話がかかってくることもありませんでした

手間のかかる電話ヒアリングや面談がないので、面倒臭くなくて良いです。

Google

WEB構築のプロジェクトを受託していますが、プロジェクトの期間が長期間になることが多いです。また、デザイナーの方への発注なども発生するため、手元資金のコントロールは死活問題です。

取引先から進捗に合わせて分割入金してもらうことに加えて、「ペイトナー ファクタリング(旧yup 先払い)」で手元資金のバランスをとっています

https://paytner.co.jp/factoring/

取引先の広告運用を請け負う上で、広告費の建て替えを行っています。

取引先の意向などで広告費が変動する月もあり、手元の資金を上回る建て替えを求められてしまうことがありました。

そんな時にペイトナー(旧yup)さんを活用させていただいていました。必要な時にすぐ使える手軽さがありがたいです

https://paytner.co.jp/factoring/

まだフリーランスとして独立してから日が浅く、十分に手元資金がありません。

交通費の建て替えなども存在するため、月に一度の入金では、正直生活費が苦しいです。
ペイトナー(旧yup)では、請求書のうち必要な分だけを先払いできるので、必要最低限の利用をするようにしています。

足りなくなったタイミングで再度申し込んでいます。

https://paytner.co.jp/factoring/

ITコンサルとして機器の導入や設定を行っている。

パソコンやIT機器を先に買って設定手数料を上乗せして請求するので、先にお金がかなり出て行く。

今まで資金繰りに困った時は、親や友達から借りる、もしくは取引先に支払いを待ってもらっていた。

その交渉にかかるコストもあるので、「ペイトナー ファクタリング(旧yup 先払い)」には非常に助けられている

https://paytner.co.jp/factoring/

会社独立からは、個人でコンサル業を営んでいます。

コンサル料は月額契約で1社あたり10万円。規模的にはささやかなものです。

この10万円という請求書を現金化するのに、yupは丁度いいサービスです。

他社だったら買取を断られるか、買取OKでも高額な手数料を請求されるかのどちらかでした。

ここはその隙間を埋めるサービスと言うか、私の仕事と相性が良く、利便性はなかなかに高いです

https://fackomi.com/company/yup/reviews/

ほぼパーフェクトです。 シンプルにスマートにスピードありと言う印象を受けております

無理に悪いところを言えば、上限額の頭打ち問題と手数料が少しずつでも下がってほしいぐらいです。

https://fackomi.com/company/yup/reviews/

ペイトナー ファクタリングに関する良い口コミをまとめると、次のようなものが多いようです。

  • 立替や手元資金を調達する際に便利に使える
  • 少額の資金調達ができるのが便利
  • シンプルでスピード感のあるサービス

一方で、悪い口コミ・評判はあまり見当たりませんが、買取枠の上限額が設定されている点や、上限額があがる条件が不透明な点が気になる方もいるようです。

\いますぐ無料ユーザー登録をする/
初期費用・月額費用は完全無料

ペイトナー ファクタリングのメリット・注目ポイント

利用のメリット

ここでは、ペイトナー ファクタリングのメリット・注目ポイントを見ていきましょう。

ペイトナー ファクタリングのメリット
  • ネット上で簡単に手続きができる
  • 最短10分、即日入金対応
  • フリーランス・個人事業主向けのサービス
  • 請求書1通、売掛金1万円から利用できる
  • 24時間入金OK!
  • 取引先には非通知
  • 信用情報の履歴に残らない
  • 安心のノンリコース契約
  • 担保・保証人は不要

ネット上で簡単に手続きができる

ペイトナー ファクタリングは、取引先に送った「入金前の請求書」をPC・スマホからアップロードするだけで、報酬を即日受け取ることができるサービスです。

初回はユーザー登録が必要ですが、利用に際して面倒な対面での書類確認や、面談は必要ありません。

資金調達スタート

サービスは、ペイトナーに登録した当日から利用できます。

以下の記事では、ペイトナー ファクタリングと同じく、ネット上の手続きで完結するファクタリングサービスを紹介しています。

ぜひあわせて検討してみてください。

最短10分、即日入金対応

ペイトナー ファクタリングでは、必要書類などが揃っていれば、最短10分での振込も可能です。

フリーランス・個人事業主向けのサービス

フリーランスや個人事業主NGのファクタリング会社も多くありますが、ペイトナー ファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのファクタリングサービスです。

資金調達スタート

法人向けの売掛金があれば、利用OK!

もちろん中小法人でも利用できます。

請求書1通、売掛金1万円から利用できる

ペイトナー ファクタリングでは、請求書1通、売掛金額は1万円から買取してくれます。

一般的なファクタリング会社では、これだけ小口の売掛金を買取ってくれることはめったにありません。

資金調達スタート

というのも、小口の売掛金は手数料も少額になるため、手間ばかりかかって儲けにならないからです。

その点、ペイトナー ファクタリングは、まとまった金額の売掛金が発生しにくいフリーランス・個人事業主の方でも利用しやすいサービスといえます。

24時間入金OK!

2020年4月に行われたペイトナー株式会社とセブン銀行との業務提携により、24時間365日の入金ができるようになりました。

これはセブン銀行の法人向けサービス「リアルタイム振込機能」によるもので、あなた自身がセブン銀行に口座を持っていなくても振込がしてもらえる、とても便利なサービスです!

取引先には非通知

ファクタリング利用を取引先に知られないか心配なんだけど……。

資金調達スタート

大丈夫です、安心してください!

ペイトナー ファクタリングは、2社間ファクタリングを採用したサービスです。

2社間ファクタリングなら、取引先に通知せずに請求書を売却できますので、今後の取引に影響ができることはありません。

2社間ファクタリングについて詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

信用情報の履歴に残らない

ペイトナー ファクタリングは借入ではなく、売掛金の買取サービスですので、会社(または個人)の信用情報にキズはつきません。

決算書上も負債が増えることがないので、以後の銀行融資等への影響も最小限に抑えられます。

安心のノンリコース契約

ペイトナー ファクタリングは、売掛先が倒産した場合であっても、利用者が返済の責任を負う必要のない「ノンリコース契約」です。

万が一、売掛先が倒産した場合は、売掛金の引渡し義務が無くなり取引は終了します。

ノンリコース契約について詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

担保・保証人は不要

ペイトナー ファクタリングは、貸金ではなく売掛金の売買契約であるため、担保・保証人の設定は不要です

\いますぐ無料ユーザー登録をする/
初期費用・月額費用は完全無料

ペイトナー ファクタリングのデメリット・利用時の注意点

利用時の注意点

ここでは、ペイトナー ファクタリングを利用する際に注意したいポイントも見ていきましょう。

ペイトナー ファクタリングのデメリット
  • 手数料は売掛金の10%で固定
  • 初回の最大買取可能額は25万円まで
  • 電話での対応はできない

手数料は売掛金の10%で固定

ペイトナー ファクタリングでは、請求書買取時に資金化する額面の10%が手数料として必要です。

これは100万円の請求書を売却する場合に、10万円の手数料が必要ということです。

資金調達スタート

決して無視できるコストではありませんね。

ただし、フリーランスの方がファクタリングを利用する場合の手数料相場からすると、10%は特別高額というわけではありません

また、資金繰りが安定することのメリットを考えると、必ずしも高すぎるコストとも言えないでしょう。

しかし、時間がある場合は他社でも相見積もりを取ることで、よりコストを抑えることができる可能性があります。

以下の記事では、優良なファクタリング会社に一括で見積もりを依頼できるサービスを紹介しています。

ぜひあわせてご利用をご検討ください。

初回の最大買取可能額は25万円まで

ペイトナー ファクタリングの買取可能金額は、初回は最大25万円となっています。

ただし、これはあくまで初回利用時の設定で、リピート利用すると上限金額が大きくなることがあります。

この買取金額だと困るという方は、ペイトナー ファクタリングと同じくオンライン完結でファクタリングを利用できる「QuQuMo(ククモ)」がおすすめです。

QuQuMoとペイトナー ファクタリングの比較をした表が以下のものになります。

ペイトナー ファクタリングQuQuMo(ククモ)
入金スピード最短10分最短2時間
手数料10%1%〜14.8%
買取金額初回25万円まで指定なし
債権譲渡登記なしなし
オンライン完結
ペイトナー ファクタリングとQuQuMoの比較

この表のように、QuQuMoであれば、買取金額の制限がなく必要なだけ資金調達が可能です。

資金調達スタート

また、手数料も安くなる可能性があります。

ペイトナー ファクタリングをご検討中のかたは、QuQuMoとの相見積もりをおすすめします。

電話での対応はできない

ペイトナー ファクタリングでは、人的リソース等の観点から電話でのサポートをしていません。

資金調達スタート

メールまたはチャットでの問い合わせのみとなります。

\いますぐ無料ユーザー登録をする/
初期費用・月額費用は完全無料

ペイトナー ファクタリングはこんな人におすすめ

こんな人におすすめ

以上の特徴や口コミをもとに、ペイトナー ファクタリングがおすすめなのは、こんな方です。

  • フリーランスになりたてで資金がない方
  • なるべく簡単に・安心してファクタリングを利用したい方
  • とにかくスピードを重視している方
  • ファクタリング会社に来店できない方

フリーランスになりたてで資金がない方

フリーランスになりたての方の多くが、資金繰りに悩んでいます。

会社員だったころは定期的に給与が入ってくるものです。

しかし、フリーランスになるとプロジェクトの遅れで入金サイクルが長くなったり、仕事が途切れたりして、資金繰りが悪くなることもあります。

こういったときにペイトナー ファクタリングを利用すれば、納品から入金までのタイムラグを短くし、資金繰りを改善できます

特に、フリーランスになりたての方は、いまは資金繰りに困っていなくても、いつかそういう日が必ずやってくるものです。

資金調達スタート

もしもの備えとして無料ユーザー登録をしておきましょう!

安心してファクタリングを利用したい方

ファクタリングってなんだかよくわからない

なんだか難しそうだし、怪しい……

そんなイメージを持つ方は多いです。

ペイトナー ファクタリングはサービス開始1年半で申し込み10,000件超え、リピート率も7割超となっており、利用者の満足度も非常に高いサービスです。

これだけ多くの方が満足しているサービスですので、難しい手続きをさせられたり、お金を騙し取られたり、法外な手数料を取られたりなんてことはありません。

資金調達スタート

安心して利用してください。

とにかくスピードを重視している方

ファクタリングは銀行融資や補助金の申請にくらべて審査が簡易的でスピーディなことが特徴です。

特にペイトナー ファクタリング最短10分ほどで、すばやく資金調達が可能となっています。

ファクタリング会社に来店できない方

忙しくてファクタリング会社に来店する時間が取れない

近くに良いファクタリング会社がない

そんな方には、ペイトナー ファクタリングがおすすめです。

オンライン完結で手続きができますので、移動時間やコストを気にせずファクタリングを利用できます。

\いますぐ無料ユーザー登録をする/
初期費用・月額費用は完全無料

ペイトナー ファクタリングはこんな人にはおすすめできない

こんな人にはおすすめできない

一方で、ペイトナー ファクタリングはこんな人にはおすすめできません。

  • 対面で相談したい方
  • 手数料をなるべく下げたい方
  • 大口の資金調達を希望する方

対面で相談したい方

ペイトナー ファクタリングは、オンライン完結のサービスのため、対面で相談しながら資金調達を進めたい方には向いていません。

手数料をなるべく下げたい方

ペイトナー ファクタリングの手数料は一律10%のため、手数料を極力下げたい方には向いていません。

大口の資金調達を希望する方

ペイトナー ファクタリングは、初回利用時25万円までの買取可能額の制限があります。

利用回数に応じて、買取可能額は増加することもありますが、大口の資金調達には向いていません。

ペイトナー ファクタリングの利用手順

利用手順

では、実際にペイトナー ファクタリングを利用する方法を紹介します。

こちらでは、yup「先払い」の画面を紹介していますが、ペイトナー ファクタリングでも基本的には同じ流れとなっています。

STEP
ユーザー登録

以下のリンクボタンからペイトナー ファクタリングのサイトをひらき、「無料ではじめる」ボタンからアカウント登録を行います。

資金調達スタート

メールアドレス、パスワード、事業情報などの入力が必要です。

\いますぐ無料ユーザー登録をする/
初期費用・月額費用は完全無料
ペイトナー【アカウント登録】
ペイトナー【アカウント登録】
STEP
請求書情報の入力

買取してほしい請求書の情報を登録してください。

登録が完了すれば、審査が行われます。

ペイトナー【利用申請】
ペイトナー ファクタリング 請求書登録
STEP
事業者登録(初回のみ)

初回の方は事業者登録をする必要があります。

まず、マイページにログインし、左上の「事業者名未登録」ボタンをクリックします。

ここで事業情報を入力してください。

入力が終わったら身元確認証のアップロードです。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

この4つが使用可能です。

資金調達スタート

事業者登録が終われば正式にファクタリング申請が完了です!

STEP
審査完了&振り込み

申請してから、(平日の営業時間内であれば)最短10分で審査が完了します。

登録したメールアドレス宛へ、審査完了メールが届きます。

正午前までに審査が完了すれば、当日中に振り込みがあります。

それ以降ならば翌営業日の振り込みになります。

STEP
ペイトナーへ返金

売掛先(取引先)から入金があり次第、ペイトナー株式会社に支払いを行います。

資金調達スタート

遅延すると、利用者自身の与信スコアを落とすことになり、その後の利用に影響が生じるので、支払い期日はしっかり守りましょう。

\いますぐ無料ユーザー登録をする/
初期費用・月額費用は完全無料

ペイトナー ファクタリングの審査を通過するコツ

審査に受かる方法

ここでは、ペイトナー ファクタリングの審査を通過するためのコツをインターネット上の利用者の声などから考察してみます。

ペイトナー ファクタリング審査通過のコツ
  1. 書類の不備を無くす
  2. 信頼性の高い債務者(取引先)への請求書を売却する
  3. 支払い期日をしっかり守る

①書類の不備を無くす

ファクタリングを利用する際には、必ずいくつかの書類の提出が求められます。

ペイトナー ファクタリングでは、以下の書類が必要です。

ペイトナー ファクタリングの必要書類
  • 未払いの請求書
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)

他社のファクタリングサービスと比べると必要書類が少なく、オンラインでの提出が可能なため、利用者側の手間は少なくなっています。

資金調達スタート

その分、書類の不備の無いように準備しましょう。

②信頼性の高い債務者(取引先)への請求書を売却する

ファクタリングでは、利用者の信頼性よりも債務者(取引先)の信頼性のほうが重要視されます。

特に初回の取引では、ファクタリング会社側も利用者との信頼関係が築けていない状態ですので、どうしても慎重になりがちです。

初回の取引は、信頼関係を築くためのものであると考えて、なるべく信頼性の高い債権を使うようにしましょう。

③支払い期日をしっかり守る

ペイトナー ファクタリングは、債権の回収は利用者が行う「2社間ファクタリング」のサービスです。

つまり、債権回収をペイトナー株式会社側に委任しているわけではないため、取引先から債務履行があった際には、迅速にペイトナー株式会社への支払いする必要があります。

支払期日を遅延すると、利用者の与信スコアを落とすことになり、その後の利用に影響が生じます。

資金調達スタート

どうしても遅れそうな場合は、早めに相談しましょう。

\いますぐ無料ユーザー登録をする/
初期費用・月額費用は完全無料

ペイトナー ファクタリングについてよくある質問

よくある質問

最後に、ペイトナー ファクタリングについてよくある質問を見ていきましょう。

個人間での取引に「ペイトナー ファクタリング(旧yup 先払い)」は 利用できますか?

利用可能です。

どんな請求書が利用できますか?

普段の事業活動にて、取引先に提出されている請求書であればご利用可能です。

詳しくは、ペイトナー ファクタリングの公式サイトをご確認ください。

\いますぐ無料ユーザー登録をする/
初期費用・月額費用は完全無料
電話での対応はしていますか?

電話でのサポートは実施していません。

メールまたはチャットにて連絡する必要があります。

ペイトナーへの返金はいつまでにする必要がありますか?

ペイトナーへの返金は「利用申請した請求書の支払期日+3営業日」以内にお願いいたします。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます

本記事では「『ペイトナー ファクタリング』(旧yup『先払い』)の評判・口コミは?」について解説しました。

ペイトナー ファクタリング
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • ネット上で簡単に手続きができる
  • 最短10分、即日入金対応
  • フリーランス・個人事業主向けのサービス
  • 請求書1通、売掛金1万円から利用できる
  • 取引先には非通知
  • 24時間入金OK!
  • 信用情報の履歴に残らない
  • 安心のノンリコース契約
  • 担保・保証人は不要
デメリット
  • 手数料は売掛金の10%で固定
  • 初回の最大買取可能額は25万円まで
  • 電話での対応はできない

ここまで読んでこられて、ペイトナー ファクタリングの利用を迷っている方は、とにかくアカウント登録だけでも済ませておくのをオススメします。

ペイトナー ファクタリングは登録費用や月額利用料は無料です。

実際にファクタリング契約した際に手数料が発生するのみで、それ以外の費用はいっさいかかりません。

資金調達スタート

つまりアカウント登録だけならノーリスクなんです。

アカウントをつくっておけば、いざ資金が必要というときすぐに売掛金を現金化できます。

そして、資金が必要なときはいつやってくるかわかりません。

この機会に、ぜひペイトナー ファクタリングに登録をしてみてください。

\いますぐ無料ユーザー登録をする/
初期費用・月額費用は完全無料
目次