2社間ファクタリングと3社間ファクタリング|メリットとデメリットを解説

ファクタリングは、会社の資金繰りを大幅に改善し、貸し倒れリスクを回避することができるため、近年利用されることの増えてきた資金調達方法です。

このファクタリングには「ファクタリング利用者」「売掛先」「ファクタリング会社」の3者の関わり方によって次の2つの仕組みがあります。

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

本記事では「2社間ファクタリングと3社間ファクタリング|メリットとデメリットを解説」について書きます。

目次

2社間ファクタリングとは?

2社間ファクタリングは、「ファクタリング利用者」と「ファクタリング会社」の間だけで行われる資金調達方法です。

売掛先へは一切通知せずに取引ができるので、売掛先にファクタリングを利用していることは知られません

債権譲渡登記制度と2社間ファクタリング

債権譲渡登記制度」が制定されるまでは3社間ファクタリングのみで、2社間ファクタリングは行われていませんでした。必ず売掛先へファクタリングの利用を通知し、利用者、売掛先、ファクタリング会社の3社間でファクタリングを行う必要があったのです。

しかし債権譲渡登記制度ができ、売掛債権をファクタリング会社のものと証明できるようになったことで、2社間ファクタリングが利用できるようになりました。

2社間ファクタリング利用の流れ

ここでは、一般的な2社間ファクタリングでの手続きの流れを紹介します。

2社間ファクタリング
2社間ファクタリングの仕組み(再掲)

手順① 請求書買取を申込み

まずはインターネットや電話でファクタリング会社に請求書買取の相談・申し込みをします。

資金調達スタート

基本的に相談や見積りは無料ですので、気軽に問い合わせをしてみましょう。

その後、ファクタリング会社から案内された必要書類を用意して審査を受けます。

書類は次のようなものが必要になることが多いです。

  • 法人登記情報
  • 債権譲渡登記情報
  • 決算書
  • 売掛金の証明書
  • 納税証明書 など

手順② 買取審査後に振込

無事に審査を通過すれば、正式なファクタリング契約となります。

資金調達スタート

多くのファクタリング会社が契約時(または審査時)に面談を必要としています。

契約が完了したら、ファクタリング会社から手数料などを割り引いた売掛金相当額が、指定口座に振り込まれます。

手順③ (売掛先が)売掛金を入金

売掛先(取引先)から、売掛金の入金を受けます。

手順④ 支払い

売掛先から入金された売掛金を、契約時に指定された期日までにファクタリング会社に送金します。

2社間ファクタリングのメリット

2社間ファクタリングには次のようなメリットがあります。

  1. 資金調達までの期間が短い
  2. 売掛先にファクタリングの利用を知られないため、資金難を疑われない
  3. 比較的審査に通りやすい
  4. 貸し倒れリスクの回避ができる

①資金調達までの期間が短い

2社間ファクタリングではファクタリング会社と利用者の間のみで手続きが完了するため、最短で申込当日中に資金調達ができる「即日ファクタリング」も可能になっています。

②売掛先にファクタリングの利用を知られないため、資金難を疑われない

ファクタリングの知名度はまだ決して高くはありません。

資金調達スタート

「給料ファクタリング」の事件が報道されることも多く、中には「ファクタリングは違法なのでは?」と誤解している方も少なくありません。


そのため「ファクタリングの利用が知られると売掛先からの信用を失うのでは…」という不安感も生じやすく、売掛先や第三者にファクタリングの利用を知られたくない方も多いのです。

資金調達スタート

こういった不安をお持ちの方は、売掛先に知られる心配のない2社間ファクタリングがおすすめです。

③比較的審査に通りやすい

大手ファクタリング会社にくらべ、中小のファクタリング会社は審査の柔軟性が高い(審査通過率が高い)傾向にあります

④貸し倒れリスクの回避ができる

日本で一般的に行われるファクタリングでは利用者には償還請求権がない(ノンリコース)ことも大きなメリットです。

万が一、売掛先が倒産するなどの不測の事態により売掛金が入金されない場合でも、利用者がファクタリング会社に弁済する必要はなく、ファクタリング会社が売掛金の返還請求を行うため、貸し倒れリスクの回避もできるのです。

ノンリコースファクタリングとは何かについてはこちら

2社間ファクタリングのデメリット

一方で2社間ファクタリングのデメリットは次のようなものです。

  1. 手数料が高額になりがち
  2. 信用できるファクタリング会社を探すのに手間がかかる

①手数料が高額になりがち

2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングに比べてファクタリング会社側のリスクが高いため、手数料の相場は高くなりがちです。

②信用できるファクタリング会社を探すのに手間がかかる

大手ファクタリング会社や銀行系のファクタリングサービスは2社間ファクタリングに非対応なことが多く、2社間ファクタリングに対応しているのは中小のファクタリング会社がほとんどです。

そのため信用できるファクタリング会社を探すのに手間と時間がかかります。

資金調達スタート

ファクタリング会社選びに迷ったら、当サイトおすすめのファクタリング会社をご利用ください。

≫ファクタリング会社の選び方を知りたい方はこちら

3社間ファクタリングとは?

もう一つの仕組みが「ファクタリング利用者」「売掛先」「ファクタリング会社」の3者間で手続きをおこなう「3社間ファクタリング」です。

3社間ファクタリングの流れ

ここでは、一般的な3社間ファクタリングでの手続きの流れを紹介します。

3社間ファクタリング
3社間ファクタリングの仕組み(再掲)

手順① 売掛金発生

売掛先との間で売掛金が発生します。

手順② 請求書買取を申込み

2社間ファクタリングと同じく、請求書の買取をファクタリング会社に申込みします。

手順③ ファクタリングの利用を承諾

売掛先に対して、ファクタリング利用の承諾を得ます

利用者が売掛先に承諾を得る場合と、ファクタリング会社側が仲介して承諾を得る場合があります。

資金調達スタート

利用者が承諾を得る場合でも、ファクタリング会社がサポートをしてくれます

手順④ 買取審査後に振込

無事に審査を通過すれば、正式なファクタリング契約となります。

契約が完了したら、ファクタリング会社から手数料などを割り引いた売掛金相当額が、指定口座に振り込まれます。

手順⑤ 売掛金を入金

ファクタリング会社が、売掛先から売掛金を回収します

資金調達スタート

2社間ファクタリングの場合と違って、利用者は売掛金を回収する必要がありません

3社間ファクタリングのメリット

  1. 2社間ファクタリングに比べると手数料が安い
  2. 大手ファクタリング会社もサービスを提供している
  3. 取引先にヒミツで契約しないので後でのトラブルがない
  4. 売掛金回収の手間が省ける

3社間ファクタリングのデメリット

  1. 取引先に承諾を得る必要があるので、資金化に時間がかかる
  2. 取引先に不安を与える可能性がある

まとめ

本記事では「2社間ファクタリングと3社間ファクタリング|メリットとデメリットを解説」について書きました。

取引先に秘密で利用できる2社間ファクタリングには、手数料が高くなりがちというデメリットもあります。

一方の3社間ファクタリングは取引先の承諾が必要となりますが、手数料は安くすみます。

2社間ファクタリング、3社間ファクタリングそれぞれのメリット・デメリットを理解して、適切な取引方法を選択するようにしてください。

よかったらシェアしてね!

おすすめのファクタリング業者一覧

いますぐファクタリングで資金調達を成功させたい方は、必ず2社以上のファクタリング会社に見積もりを依頼しましょう

以下は当サイトでイチオシのファクタリング会社です。

全国対応なので、どこにいても利用できます

スクロールできます
サービス名手数料入金スピード個人事業主仕組み
ququmo1%~14.8%最短2時間2社間
日本中小企業金融サポート機構1.5%~10%最短即日2・3社間
アクセルファクター2%~20%最短即日2・3社間
ベストファクター2%~20%最短即日2・3社間
ウィット5%〜最短即日2・3社間
paytoday2%~9%最短即日2社間
next one1.5%~10%最短翌日2・3社間
Link2~14.9%最短即日2・3社間
OLTA2%~9%最短即日2社間
フリーナンス3%~10%最短即日2社間

この記事を書いた人

資金調達スタート編集部では、現役経営者目線で、様々な資金調達手法を調査・レビュー。あなたの事業にあわせた資金調達方法を見つけるお手伝いをさせていただいています。

目次
閉じる