【PayToday AIファクタリング】で資金調達|ファクタリング会社徹底調査

PayToday AIファクタリング
本記事では「【PayToday AIファクタリング】で資金調達|ファクタリング会社徹底調査」について解説します。
\さらに詳しくはこちら/
見積り無料!最短3時間で審査完了

「PayToday AIファクタリング」とは?

PayToday LP

「PayToday AIファクタリング」は、Dual Life Partners株式会社が運営するオンライン完結型のファクタリングサービスです。

従来のファクタリングサービスと違い、オンラインで完結するため、最短3時間以内で審査完了即日振込みOKなので、急な資金需要にもばっちり対応してくれます。

さらに、確実性の高い債権のみを買い取ることで手数料も2%〜9.5%と非常にリーズナブルに利用できる設定になっています。

\さらに詳しくはこちら/
見積り無料!最短3時間で審査完了
項目内容
会社名Dual Life Partners株式会社
代表者名矢野 名都子
所在地東京都港区南青山2-2-6 ラセーナ南青山7F
設立平成28年4月
事業内容ファクタリング事業
取引形態2社間ファクタリング
手数料2%〜9.5%
取引可能額上限・下限なし
対応エリア全国
資金化スピード
(最短)
即日
個人事業主の利用
特記事項・債権譲渡登記不要
・面談は原則不要

「PayToday AIファクタリング」のメリット・注目ポイント

【注目ポイント】

①オンライン完結でいつでもすぐに資金調達

PayToday AIファクタリングは、手続きすべてがWebで完結する「オンライン型ファクタリング」です。スマホ・PCでいつでも・日本全国どこからでも利用OK。

申込みから審査完了まで最速3時間即日振込み対応となっており、急な資金需要にもばっちり対応してくれます。

関連記事

新型コロナウイルスの感染拡大により、外出自粛要請が続いている中「とにかく、いますぐ資金調達したいが、外出自粛中のため面談に出向けない!」「都内は感染者が多いため、都内にあるファクタリング会社にはできる限りいきたくない!」[…]

【オンライン完結型ファクタリング】

②手数料2%〜上限9.5%で、非常に安い

PayTodayの手数料は上限9.5%とファクタリング業界内でも最安水準。

実際の手数料は、見積もり時に、信用情報や買取金額を元に決定されますので、まずは無料見積りを依頼してみるとよいでしょう。

\さらに詳しくはこちら/
見積り無料!最短3時間で審査完了
関連記事

ファクタリングの手数料は非常に高額になりがちです。手数料や掛目を理解していないと、無駄なコストを支払うことになります。一方で、きちんと仕組みを理解しておけば、かなりの割合でコストを抑えることができます。本記事では「【ファクタ[…]

【ファクタリングの手数料】

③取引先に承認不要の2社間ファクタリング対応

PayToday AIファクタリングは、2社間ファクタリングという、あなたとPayTodayとの間だけでの売掛債権の売買取引になります。

そのため、取引先(売掛先)には一切通知せずに資金調達ができます。

関連記事

ファクタリングの仕組みは「自社」「取引先」「ファクタリング会社」の3社間の関わり方によって次の2つに分類することができます。2社間ファクタリング3社間ファクタリング本記事では、「【2社間ファクタリングと3社間ファクタリング】[…]

【2社間ファクタリングと3社間ファクタリング】

④信用情報の履歴に残らない

PayToday AIファクタリングは借入ではなく、売掛金の買取(ファクタリング)サービスですので、会社(または個人)の信用情報にキズはつきません。

また、PayToday AIファクタリングなら債権譲渡登記などの必要もありませんので、履歴に残ることは一切ありません。

関連記事

ファクタリングを活用する際には、基本的に「債権譲渡登記」が必要とされます。しかし、「債権譲渡登記って何?」という方は、少なくないでしょう。本記事では「【ファクタリングの債権譲渡登記】メリット・デメリットを解説」について書きます。[…]

【ファクタリングと債権譲渡登記】

⑤少額でも買取OK

ファクタリングでは手数料がファクタリング会社の売上になります。手数料は「買取する売掛金の額面×手数料率」で計算されるため、あまり小口の売掛金の買取はファクタリング会社にとって、コストだけがかかりメリットが少ない取引です。

関連記事

ファクタリングの手数料は非常に高額になりがちです。手数料や掛目を理解していないと、無駄なコストを支払うことになります。一方で、きちんと仕組みを理解しておけば、かなりの割合でコストを抑えることができます。本記事では「【ファクタ[…]

【ファクタリングの手数料】

でも、PayToday AIファクタリングなら、買取金額の上限・下限はないため、数十万円単位の小口の請求書でも買取OK。まとまった額の売掛債権が発生しにくい個人事業主の方にも利用しやすいサービスです。

⑥個人事業主も利用できる

個人事業主は信用面で法人に劣るとされがちです。そのため大手ファクタリング会社などでは、個人事業主は利用できないことがあります。

その点、PayToday AIファクタリングは、個人事業主も利用OK。売掛金さえあれば取引可能です。

関連記事

あなたはこんな悩みをもっていませんか?資金繰りに困っている個人事業主なので銀行融資が受けられない時間の猶予がなく早急に資金が必要取引先からの入金がズレた売上減少で資金ショートした事業拡大により資金調達が必要もしそうなら、こ[…]

個人事業主の資金調達

「PayToday AIファクタリング」のデメリット・利用時の注意点

【利用時の注意点】

審査は厳し目

上述のように、PayToday AIファクタリングでは確実性の高い債権のみを買い取ることで、手数料2%〜9.5%というリーズナブルなサービスを実現しています。

そのため、審査は若干厳し目になっているようです。

PayTodayの審査がNGだった方には、同じような「オンライン型ファクタリング」のサービスで、QuQuMo onlineもオススメです。あわせて申し込みしてみてください。

\さらに詳しくはこちらから/
※見積もり無料!手数料は1%〜と最安水準

「PayToday AIファクタリング」の利用手順

【利用手順】

STEP1 申し込み

以下のリンクから、「無料見積り」の依頼を出します。

\さらに詳しくはこちら/
見積り無料!最短3時間で審査完了

お客様情報と、以下の書類が必要になります。

  • 代表者の本人確認書類
  • 売却する対象の請求書
  • 直近6カ月以上の入出金明細
  • 昨年度の決算書

STEP2 審査

必要書類をもとに審査が行われます。買取額および手数料は、審査完了後に通知されます。

関連記事

ファクタリングでは、銀行融資とは違うポイントが重視されます。審査通過率をあげるために、どこが重視されるのか知っておきましょう。本記事では「ファクタリングの審査|通過率を上げるテクニックも解説」について書きます。融資では[…]

【ファクタリングの審査】

STEP3 契約・送金

買取額・手数料の見積もりに問題がなければ、オンラインで契約となります。対面での面談などは不要です。

契約締結後に、振り込みが行われます。

関連記事

ファクタリングは、銀行融資などにくらべると契約は簡単です。しかし、よほど契約ごとに慣れていないと、大きなお金の絡む契約は不安がありますよね。あなたがはじめてファクタリングを利用するなら、あらかじめ契約の流れをつかんでおけば、契約が[…]

【ファクタリング契約の流れと注意点】

「PayToday AIファクタリング」との相性

【相性をチェック】

急いで資金調達が必要な方にオススメ

PayToday AIファクタリングは、最短3時間で審査完了するスピード感がウリ

急な資金需要にも、ばっちり対応してくれます。

資金調達コストを抑えたい方にオススメ

PayToday AIファクタリングは、完全オンライン完結型のサービスのため、交通費や移動時間をかけることなく、PC・スマホを使ってどこからでも資金調達が可能です。

手数料もリーズナブルなことから、資金調達コストを抑えたい方には、強くオススメできます。

地方の事業主の方にもオススメ

PayToday AIファクタリングは、来店不要で契約できるファクタリングサービスです。地方の事業主の方など、近隣にファクタリング会社がない方でも利用しやすくなっています。

まとめ

本記事では「【PayToday AIファクタリング】で資金調達|ファクタリング会社徹底調査」について解説しました。

従来のファクタリングサービスと違い、オンライン完結にすることで、手数料も非常にリーズナブルに設定されています。

急いで資金調達をしたい方、ファクタリングのコストを抑えたい方には、オススメのサービスです。

\さらに詳しくはこちら/
見積り無料!最短3時間で審査完了
PayToday AIファクタリング
最新情報をチェックしよう!