【図解】ファクタリングとは?サービスの仕組みとメリット・デメリット

中小企業や個人事業主が抱える資金繰りの課題である売掛金の回収。この問題を解決する方法として「ファクタリング(factoring)」が注目されています。

この記事では、ファクタリングとはどのような仕組みであるかを図解とともにわかりやすく説明します。

また、ファクタリングのメリット・デメリットを紹介するほか、ファクタリングの基礎を紹介する記事へのガイダンスを提供します。

目次

ファクタリング(factoring)とは?

金融

ファクタリングは決済日前の売掛金を、ファクタリング会社に売却して資金調達をする方法です。

そもそも、日本の商習慣では「信用取引」が一般的です。

信用取引では、商品・サービスの提供が先で、対価(売掛金)は後から受け取ります。

資金調達スタート

商品・サービスの提供には資金が必要ですから、代金を受け取る(=売掛金の回収)までは、資金は出ていく一方です。

さらに問題はこの「売掛金の回収」です。取引先からの入金が遅れたり、売掛金を回収できずに取引先が倒産したりした場合、自分の事業自体もたち行かなくなる可能性があるのです。

この状況から抜け出すために注目されている金融サービスが「ファクタリング」です。

ファクタリングは売掛債権の買い取りのほか、取引先の事情で売掛金を回収できなくなった場合に備えるという使い方もされます。

売掛債権担保融資(ABL)との違い

売掛金(売掛債権)をもとに資金調達する方法には、ファクタリングのほかに、もうひとつ「売掛債権担保融資(ABL)」があります。ファクタリングは売掛債権を買い取ってもらう仕組みであるのに対し、ABLは売掛債権などの流動資産を担保にして融資を受ける仕組みです。

ABLはその名前のとおり「担保融資」のため、売掛債権が継続的に発生することが前提となります。

デメリットとしては、ファクタリングと比較すると、融資までに時間がかかる点があげられます。

ファクタリングの種類・仕組み

金融

ファクタリングには買取型と保証型のサービスがあり、それぞれに利用目的が異なります。

買取型と保証型の違い

買取型と保証型の利用目的の違いや特徴は以下のとおりです。

 利用目的・サービスの特徴
買取型⦁ 売掛債権を早期に現金化したい場合に利用される
⦁ 売掛債権をファクタリング会社に売却し、手数料を差し引かれた金額を受け取る
⦁ 担保・保証人の必要がない
保証型⦁ 売掛先の信用面に不安がある、または貸倒リスクを低減したい場合などに利用される
⦁ 保証料を支払うことで、売掛金の回収が不可能となった場合に保証金を受け取れる
⦁ 保証会社が売掛先の信用力を調査し、保証金額が決まる

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

買取型のファクタリングは、さらに2社間ファクタリングと3社間ファクタリングに分類されます。

2社間ファクタリング

自社とファクタリング会社のみで取引が完結する仕組みです。

2社間ファクタリング
2社間ファクタリングの仕組み

3社間ファクタリング

自社と取引先、ファクタリング会社の3社間で取引を行う仕組みです。

3社間ファクタリング

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングについて、より詳しくは、以下の記事をご覧ください。

ファクタリングのメリット

メリット

メリット①支払いサイトの短縮

一般的な信用取引ではサービス提供から売掛金の支払いまでに、平均30~60日程度のタイムラグ(支払いサイト)が発生します。

ファクタリングを利用すれば、最短で申込み即日中に売掛金を現金化も可能です。

メリット②オフバランス化で財務状況を改善

オフバランス化」とは貸借対照表の中から特定の項目を取り除くことで、財務の効率化を図るものです。

ファクタリングを利用することで、売掛金を流動資産である「現金」に変えることができ、当座比率が向上します。さらにファクタリングで得た資金で負債を減らせば、負債にかかっていた利息も節約できます。

資金調達スタート

このように時間はかかりますが、キャッシュフローも改善し負債に頼らない財務体質に改善することができるのです。

メリット③審査は銀行融資等にくらべて簡単

ファクタリングの審査通過率は銀行融資と比べるとかなり高くなっています

また、審査に必要な書類も少なく、慣れれば準備に時間はかかりません。

資金調達スタート

急いで資金が必要なときに嬉しいポイントです。

メリット④担保・保証人はいらない

銀行融資では、一般的に人的・物的担保が必要になります。一方でファクタリングでは担保・保証人は不要です。

資金調達スタート

担保・保証人を求めてくる業者は、ヤミ金等の悪徳業者の可能性が高いため、契約してはいけません。

メリット⑤取引先の倒産等による売掛金未回収リスクを回避(ノンリコース)

ファクタリングでは、契約後に取引先が倒産するなどの理由で売掛金の回収が不可能になっても、利用者に返還義務が生じない(ノンリコース)契約が一般的です。

資金調達スタート

稀にノンリコースでない契約を持ちかけてくる業者があります。契約前に条件を慎重にチェックしてください

メリット⑥信用情報に悪影響がない

ファクタリングは融資や借入ではありません。あくまで売掛金の譲渡(または売買)契約です。

そのため、会社や事業主個人の信用情報に影響しません

ファクタリングのデメリット

デメリット

デメリット①手数料が比較的高い

ファクタリングは、手数料が高額になりがちな金融サービスです。

特に、売掛先(取引先)に通知せずに使えることで人気の「2社間ファクタリング」の場合は、手数料が売掛金額の5%〜30%にもなります。

デメリット②ファクタリングの利用可否は、取引先の信用情報に依存する

ファクタリングで審査されるのは、主に取引先(売掛先)の信用情報です。

そのため、取引先の経営状態が悪ければ、あなたの信用や経営状況に関わらず、買取NGになることもありえます。

大手企業の売掛金ほど手数料は安く、確実に買取をしてもらえます

資金調達スタート

ファクタリング利用時には、できれば安定した大手企業の売掛金を利用するとよいでしょう。

デメリット③取引先との信用問題になる可能性がある

建築・建設業など、ファクタリングが一般的な業界を除くと、手数料の高いファクタリングを利用することは、取引先や第三者に資金繰りがうまくいっていないと疑念を持たれることがあります

デメリット④ヤミ金業者が多く参入している

日本ではファクタリングの法整備は整っていないのが実情です。

そのため多くのヤミ金業者が参入しています。

資金調達スタート

ファクタリング会社を選ぶ際には、信頼できる会社かどうか、入念にチェックしましょう。

ファクタリング会社の選び方

会社選び

ファクタリングを利用する際には、資金調達を急ぎたくて気持ちが焦っているものです。でも、まずはおちついて相手が優良な業者か判断しましょう

また手間はかかりますが、複数のファクタリング会社で相見積もりをするのも、そのファクタリング会社が優良か判断するのに効果的です。

資金調達スタート

そのためにも、資金が必要なギリギリになってからではなく、なるべく計画的にファクタリングを利用するようにしましょう。

ファクタリングの審査と契約

審査

ファクタリング会社による審査

売掛金が発生したら、ファクタリング会社に利用の申込を行い、必要書類を提出のうえ審査を受けます。

審査の際には、主に以下の点が確認されます。

  • 単発の売掛金か、継続的に発生する売掛金か
  • 売掛金を二重譲渡していないか(複数のファクタリング会社に売却していないか)
  • 売掛金を差し押さえられる可能性はないか(税金・社会保険料などの滞納による差し押さえ)
  • 売掛金が架空のものでないか

ファクタリングの契約

契約は一般的に書面で行われます。

資金調達スタート

近年はオンラインでの契約ができるサービスも増えており、交通費や移動時間をかけずにファクタリングを利用できるようになってきました。

契約が完了すれば、指定口座に手数料が差し引かれた額が入金されます。

契約を交わす際は、少しでも疑問に思うことがあるときは質問し、納得したうえで進めることが重要です。

怪しい点があると感じたら、契約をストップしましょう

まとめ

本記事では、「【図解】ファクタリングとは?基礎からわかるサービスの仕組みとメリット・デメリット」について書きました。

資金調達手段の確保は、経営者の重要な役割のひとつです。そして、どんな資金調達法にもメリットとデメリットがあります。

ファクタリングは、手数料は比較的高いものの、すばやく資金調達でき事業運営を効率化させることができる資金調達方法です

資金調達スタート

継続的な事業の成長のために、ファクタリングを役立ててみてはいかがですか?

よかったらシェアしてね!

おすすめのファクタリング業者一覧

いますぐファクタリングで資金調達を成功させたい方は、必ず2社以上のファクタリング会社に見積もりを依頼しましょう

以下は当サイトでイチオシのファクタリング会社です。

全国対応なので、どこにいても利用できます

スクロールできます
サービス名手数料入金スピード個人事業主仕組み
ququmo1%~14.8%最短2時間2社間
日本中小企業金融サポート機構1.5%~10%最短即日2・3社間
アクセルファクター2%~20%最短即日2・3社間
ベストファクター2%~20%最短即日2・3社間
ウィット5%〜最短即日2・3社間
paytoday2%~9%最短即日2社間
next one1.5%~10%最短翌日2・3社間
Link2~14.9%最短即日2・3社間
OLTA2%~9%最短即日2社間
フリーナンス3%~10%最短即日2社間

この記事を書いた人

資金調達スタート編集部では、現役経営者目線で、様々な資金調達手法を調査・レビュー。あなたの事業にあわせた資金調達方法を見つけるお手伝いをさせていただいています。

目次
閉じる