MENU

【失敗しない】優良ファクタリング会社の選び方・ポイントまとめ

ファクタリング会社の選び方

新しい資金調達方法として注目される「ファクタリング」ですが、インターネットでファクタリング会社を検索すると、様々な会社が出てきて、どの会社を選ぶかで困りませんか?

ファクタリング会社選びを間違うと、高い手数料を支払う可能性やトラブルに巻き込まれる可能性があります

そこで、この記事では「優良なファクタリング会社の選び方」について説明します。

いくつかのポイントを抑えることで、あなたにとってベストなファクタリング会社を選ぶことができます。

この記事でわかること
  • ファクタリング会社選びのポイント
  • 悪質なファクタリング会社の特徴

なお、いますぐ資金調達が必要で、「ファクタリング会社選びに時間をかけられない!」という方や、「とにかく一番おすすめのファクタリング会社が知りたい!」という方は、対面契約・オンライン契約の両方に対応した「プロテクトワン」に相談してみてください。

プロテクトワン」は手数料もリーズナブルで、最短即日で資金調達ができる優良ファクタリング会社なので、安心して利用できます。

\今すぐ無料査定を依頼する/
最短30分のスピード振込!
目次

おすすめファクタリング会社比較表

スクロールできます
手数料資金化
スピード
買取可能額仕組み申込方法個人事業主口コミ
評判
プロテクトワン
プロテクトワン
1.5%~最短30分10万
~1億
2社間オンライン
電話
詳細へ
ququmo
QuQuMo
1%
~14.8%

最短2時間指定なし2社間オンライン詳細へ
paytoday
PayToday
1%〜9.5%最短30分指定なし2社間オンライン詳細へ
アクセルファクター
アクセルファクター
2%
~20%
最短3時間30万
~1億
2社間
3社間
オンライン
電話
郵送
来店・出張
詳細へ
日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業
金融サポート機構
1.5%
~10%
最短即日指定なし2社間
3社間
オンライン
電話
郵送
来店・出張
詳細へ
ベストファクター
ベストファクター
2%
~20%
最短即日30万
~3億
2社間
3社間
オンライン
電話
来店・出張
詳細へ
ビートレーディング
ビートレーディング
2%
~20%
最短5時間指定無し2社間
3社間
オンライン
電話
来店・出張
詳細へ

ロゴをクリックすると公式サイトで詳細をみられます

必ず相見積もりをとる

ファクタリング会社の選び方を紹介する前に覚えておいてほしいのが、「ファクタリングを利用するときは、必ず相見積もりをとる」ということです。

というのも、ファクタリングはスピードが早く審査の柔軟性も優れているというメリットがある反面、「手数料等のコストが高い」という大きなデメリットがあります

手数料が高いということは手取りの金額が少なくなるということですので、場合によってはファクタリングを利用したことで、かえって資金繰りを悪化させてしまったということになりかねません。

この手数料は、売掛債権の発生経緯や売掛先の信用など、さまざまな条件から総合的に判断して決定されますが、判断基準はファクタリング会社によって異なります。

また、ファクタリング会社によって得意な業界や業態などがあり、これによっても手数料は変動します。

以上のことから、ファクタリング利用時は必ず複数社(2〜3社)から見積もりを取るようにしてください。

また、以下の記事で紹介している一括見積りサービスを利用するのもおすすめです。

優良ファクタリング会社の選び方6つのポイント

それでは、実際にファクタリング会社を選ぶときに確認するポイントを見ていきましょう。

ファクタリング会社選び6つのポイント
  1. 運営会社
  2. 手数料
  3. 入金スピード
  4. 買取可能額
  5. 契約方法
  6. 償還請求権の有無

それぞれ、細かく見ていきましょう。

①運営会社

まずは信頼できる会社が運営しているかを見極めましょう。

法整備が整っていないファクタリング業界には多くの悪徳業者が参入しています

そういった悪徳業者を避けるためには、サービスを運営している会社の情報を詳しく知ることが大切です。

資金調達スタート

ファクタリング会社について調べる際に、一番参考になるのがインターネットの情報です。

優良なファクタリング会社であれば、公式サイトで社名・住所・代表者の氏名はもちろん、資本金や会社の沿革等をキチンと開示しています。

ただし、会社の住所は架空のものであることもあるため、Googleマップなどで確認するようにしましょう。

②手数料

ファクタリングの手数料相場は、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらを利用するかで、以下の表のように大きく変わってきます。

2社間ファクタリング5%〜20%                   
3社間ファクタリング1%〜15%
ファクタリングの手数料相場

ファクタリングでは、銀行融資やカードローンの金利に比べて高い手数料がかかるのが一般的です。

資金調達スタート

それでも30%を超える手数料の場合は、違法の業者の可能性が高いです。

また、手数料は安くても「諸費用」として様々な手数料をとるファクタリング会社も違法な業者の可能性があります。

実際にどのくらいの手数料で買取してくれるかは、審査で決まります

そのため上でも述べたようにファクタリングを利用するときは、複数社から相見積もりを取るのが一般的です。

また、継続的に利用していると手数料を下げてくれるファクタリング会社もあります。

手数料は積み上がると大きな差になりますので、継続利用のメリットも確認しておきましょう。

ファクタリングの手数料について、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

③入金スピード

審査・入金のスピードも確認しましょう。

資金調達スタート

ファクタリングは入金までのスピード感が大きなメリットです。

2社間ファクタリングなら、最短で申込当日中に入金してくれるファクタリング会社もあります。

以下の記事で編集部おすすめの優良業者を紹介していますので、あわせてご覧ください。

④買取可能額

ファクタリング会社によって売掛金の買取額の上限・下限は異なります。

そのため、売却を希望する売掛金額を取り扱ってくれるかも要チェックです。

資金調達スタート

幅広い金額を取り扱うファクタリング会社であれば、事業の成長にあわせて長く付き合えます。

⑤契約方法

ファクタリングの契約方法には、次のようなものがあります。

  • 対面(来店・出張買取)
  • 郵送
  • オンライン

ファクタリング会社によって対応可能な契約方法は異なりますが、最近はオンラインで手続きができるファクタリング会社が人気です。

オンラインで手続きできるファクタリング会社は、以下の記事で紹介していますので、あわせてご覧ください。

ファクタリングの契約について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

⑥償還請求権の有無

「償還請求権」とは売掛先の倒産や不渡りにより売掛金が回収できなくなった際に、利用者とファクタリング会社のどちらが損失を被るかを決めるものです。

日本国内におけるファクタリングでは、償還請求権の無いノンリコース契約が一般的です。

ノンリコース契約では、売掛先が倒産してもファクタリングの利用者に弁済義務は発生しません

資金調達スタート

つまり損失はファクタリング会社が負うことになります。

償還請求権があるファクタリングは、債権譲渡ではなく債権を担保にした融資、つまりは貸付と同じではないかという裁判の判決も出ています。

資金調達スタート

償還請求権のあるファクタリング契約は締結しないようにしましょう。

ファクタリングと償還請求権について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

悪質なファクタリング会社を見極める5つのポイント

ここではファクタリング会社選びの際に、悪質なファクタリング会社を見極めるためのチェックポイントを紹介します。

悪質なファクタリング会社のチェックポイント
  • 会社のホームページがない
  • 担保や保証人を要求される
  • 消費税を請求する
  • 法人用の口座がない
  • 担当者の対応が悪い

会社のホームページがない

会社のホームページがないファクタリング会社は、避けたほうがよいでしょう。

また、ホームページがあったとしても、会社情報や手数料等の重要な部分が記載されていないファクタリング会社は、避けたほうが懸命といえます。

担保や保証人を要求される

ファクタリングは貸金ではないので、売掛金を担保にしたり、保証人を要求したりするのは違法です。

資金調達スタート

これらを要求する業者は違法の可能性が高いので注意しましょう。

消費税を請求する

ファクタリング会社は手数料に消費税を上乗せして請求することはできません。

消費税法施行令では、売掛債権は「有価証券」として扱われます。

そして、有価証券の譲渡は非課税取引となります。

資金調達スタート

よって、売掛債権の譲渡は非課税取引です。

手数料の内訳に消費税が含まれているようであれば、きちんとした説明を求めてください。

法人用の口座がない

契約前に、ファクタリング会社の入金口座が法人口座であることを確認しましょう。

法人口座を開設するためには、金融機関において様々な調査や面談が必要になります。

そのため、悪質なファクタリング会社であれば、法人口座を開設することは不可能です。

担当者の対応が悪い

ファクタリングは近年急速に広まっているため、ファクタリングの知識が少ないまま取引を始める会社もあります。

担当者の説明が適当だったり、曖昧だったりした場合は注意しましょう。

資金調達スタート

事前にファクタリングについてある程度学んでおくことも、自己防衛として有効です。

まとめ

本記事では「【失敗しない】優良ファクタリング会社の選び方・ポイントまとめ」を解説しました。

この記事のまとめ
  • ファクタリング業者を選ぶ際の6つのポイントは以下の通り
    1. 運営会社
    2. 手数料
    3. 入金スピード
    4. 利用限度額
    5. 契約方法
    6. 償還請求権の有無
  • 悪質なファクタリング会社を見極めるポイントは以下の5点
    • 会社のホームページがない
    • 担保や保証人が必要
    • 消費税を請求する
    • 法人用の口座がない
    • 担当者の対応が悪い

ここまで読んでこられて「自分でファクタリング会社を選ぶのは大変そうだな」と思われた方は、対面契約・オンライン契約の両方に対応した「プロテクトワン」に相談してみてください。

プロテクトワン」は手数料もリーズナブルで、最短即日で資金調達ができる優良ファクタリング会社なので、安心して利用できます。

\今すぐ無料査定を依頼する/
最短30分のスピード振込!
目次