ファクタリング会社の選び方|失敗を防ぐ7つのチェックポイント

ファクタリング業界は成長中で、ファクタリング会社は増え続けています。

そして、ファクタリング会社の多くは中小零細企業が締めています。その中から信頼できる会社を選ぶのは、かなり大変です。

そこでファクタリング会社を選ぶ際には、最低限以下の項目をチェックしましょう。

  • 運営会社の情報
  • 手数料
  • 入金スピード
  • 買取額の上限・下限
  • 契約方法
  • 償還請求権の有無
  • 継続利用のメリットの有無

本記事では「ファクタリング会社の選び方|失敗を防ぐ7つのチェックポイント」について解説します。

目次

運営会社の情報

まずは信頼できる会社が運営しているサービスなのかを見極めることが重要です。

法整備が整っていないファクタリング業界には多くの悪徳業者が参入しています。そういった悪徳業者を避けるためには、ファクタリングサービスを運営している会社(ファクタリング会社)の情報を詳しく知ることが大切です。

ファクタリング会社を選ぶ際に、知人からの紹介以外で一番参考になるのがインターネットの情報です。

優良ファクタリング会社であればインターネット上の公式サイトで社名・住所・代表者の氏名はもちろん、資本金や会社の沿革等をキチンと開示しています

資金調達スタート

ただし会社の住所は架空の場所であることも多いので、要チェックです。

手数料

ファクタリングは手数料が高額になる取引ですが、それでも相場があります。

手数料で損をしないためにも、まずはファクタリングの手数料の相場を知っておきましょう。

2社間ファクタリングの手数料の相場5%〜30%                   
3社間ファクタリングの手数料の相場1%〜15%
資金調達スタート

この手数料を少しでも安くするためにオススメなのが相見積もりです。

もちろん最初から手数料が安く設定されているファクタリング会社を選ぶことも重要ですが、実際にどのくらいの手数料で買取してくれるかは、見積り・審査を受けてみなければわかりません。

そしてファクタリングの見積り・審査はどのファクタリング会社でも無料で行ってくれます

自分で相見積もりを取るのが時間的に難しい場合は、ファクタリングの一括見積りサービスを利用すると良いでしょう。

入金スピード

ファクタリングは入金までのスピード感が大きなメリットです。

2社間ファクタリングでは最短で即日入金をしてくれるファクタリング会社も少なくありません。

資金調達スタート

資金調達を急ぐ場合は、入金までの期間を事前に確認しておくとよいでしょう。

買取額の上限・下限

売却を希望する売掛金額を取り扱ってくれるかも要チェックです。

というのもファクタリング会社によって売掛金の買取額の上限・下限は異なるからです。

資金調達スタート

最低1万円から買取してくれる会社もあれば、最低100万円からという会社もあります。

上限金額についても最大1,000万円までという会社もあれば、数億円単位の売掛金も取り扱ってくれる会社もあります。

幅広い売掛金を取り扱ってくれるファクタリング会社を選べば、将来的にも長く付き合うことができるでしょう。

契約方法

資金調達スタート

希望する契約方法に対応しているかもチェックしておきましょう。

ファクタリングの契約方法には、次のようなものがあります。

  • 対面
  • 郵送
  • オンライン

ファクタリング会社によって対応可能な契約方法は異なります。オンラインで手続きが完結する会社もあれば、対面での契約を必須にしている会社もあるのです。

おすすめはオフィスにいながら資金調達ができる「オンライン契約」です。

償還請求権の有無

3社間ファクタリングでは売掛金の回収はファクタリング会社が行いますが、2社間ファクタリングでは利用者が売掛先から売掛金を受け取り、ファクタリング会社に送金します。

この2社間ファクタリングの際に問題になるのが、売掛先が倒産するなど不測の事態が起こって、利用者が売掛金を回収できなくなった場合です。

償還請求権が有りの場合、ファクタリング会社は損失を被る可能性が低くなるので手数料は安くなります。

償還請求権が無しの場合、万が一の際にファクタリング会社が損失を被ることになるため手数料は高くなります。

一般的に日本でのファクタリングは償還請求権の無い(ノンリコース)契約であることがほとんどです。

継続利用のメリットの有無

ファクタリング会社によっては、継続的に利用していると手数料を引き下げてくれたり、買取額の上限を引き上げてくれたりするところがあります。

資金調達スタート

特に、手数料については積み上がると大きな差になりますので、継続利用のメリットについても確認しておきましょう。

まとめ

本記事では「ファクタリング会社の選び方|失敗を防ぐ7つのチェックポイント」を解説しました。

ポイントは以下の通りです。

  • 運営会社の情報
  • 手数料
  • 入金スピード
  • 買取額の上限・下限
  • 契約方法
  • 償還請求権の有無
  • 継続利用のメリットの有無

ファクタリング会社選びで、手数料や資金化スピードなどの条件が大きく変わります。

そして、なにより問題はヤミ金などの悪質な業者にひっかかることです。トラブルに巻き込まれないためにも、ファクタリング会社選びはくれぐれも慎重に行いましょう

よかったらシェアしてね!

おすすめのファクタリング業者一覧

いますぐファクタリングで資金調達を成功させたい方は、必ず2社以上のファクタリング会社に見積もりを依頼しましょう

以下は当サイトでイチオシのファクタリング会社です。

全国対応なので、どこにいても利用できます

スクロールできます
サービス名手数料入金スピード個人事業主仕組み
ququmo1%~14.8%最短2時間2社間
日本中小企業金融サポート機構1.5%~10%最短即日2・3社間
アクセルファクター2%~20%最短即日2・3社間
ベストファクター2%~20%最短即日2・3社間
ウィット5%〜最短即日2・3社間
paytoday2%~9%最短即日2社間
next one1.5%~10%最短翌日2・3社間
Link2~14.9%最短即日2・3社間
OLTA2%~9%最短即日2社間
フリーナンス3%~10%最短即日2社間

この記事を書いた人

資金調達スタート編集部では、現役経営者目線で、様々な資金調達手法を調査・レビュー。あなたの事業にあわせた資金調達方法を見つけるお手伝いをさせていただいています。

目次
閉じる