MENU

    ファクタリングで起こる詐欺とは?

    ファクタリングで起こる詐欺とは?

    ファクタリングは、銀行融資が受けられない場合でも、スピーディーに資金調達ができる方法として近年、非常に人気があります。

    ファクタリングは、銀行融資やカードローンなどに比べて手数料は高いですが、もちろんしっかりとした資金調達方法なので安心して利用が可能です。

    しかし、ファクタリング業者の中には、残念ながら「ヤミ金」がファクタリング業者に名前を変えて営業している業者もあります。

    現に、過去にはファクタリング業者が詐欺で捕まったこともありました。

    そこで今回は、ファクタリングを安心して利用するために、ファクタリングの詐欺について説明をします。わかりやすく説明をしますのでぜひ参考にしてください。

    この記事のまとめ
    • ファクタリングで起こる詐欺の大多数はヤミ金業者によるもの
    • ファクタリング業者による詐欺は、以下の3パターンがメイン
      1. 法外な手数料を取る
      2. 消費税を取る
      3. 債権の二重譲渡を仕組まれる
    目次

    個人事業主もOK!
    おすすめファクタリング業者一覧

    スクロールできます
    サービス名手数料入金スピード取引可能額仕組み紹介記事
    プロテクトワン
    プロテクトワン
    1.5%最短30分10万円~1億円2社間詳細へ
    ququmo
    ククモ
    114.8最短2時間指定なし2社間詳細へ
    paytoday
    PAYTODAY
    1%9.5%最短45分指定なし2社間詳細へ
    アクセルファクター
    アクセルファクター
    2%~20最短3時間30万円 〜 1億円2・3社間詳細へ
    next one
    ネクストワン
    1.5%~10最短翌日30万円〜2・3社間詳細へ
    日本中小企業金融サポート機構
    日本中小企業金融サポート機構
    1.5%~10最短即日指定なし2・3社間詳細へ
    ベストファクター
    ベストファクター
    2%~20最短即日30万円 〜 3億円2・3社間詳細へ
    ウィット
    株式会社ウィット
    5%〜最短2時間指定なし2・3社間詳細へ
    トップマネジメント
    トップマネジメント
    3.5% 〜 12.5%最短即日30万円〜2・3社間詳細へ
    ビートレーディング
    ビートレーディング
    2%〜20%最短5時間指定なし2・3社間詳細へ

    ↑ロゴを押すと公式サイトで詳細を見られます↑

    ファクタリングで起こる詐欺とは

    ファクタリングで起こる詐欺の圧倒的多数は、ヤミ金業者がファクタリング業者に名前を変えて営業している場合です。

    ヤミ金業者は、過去に徹底的に摘発され、表立って貸金業を営業することはできません。

    しかし、ファクタリングでは貸金業のように国や地方公共団体の認可が必要ないため、誰でも始めることが可能です。ヤミ金は、このことを利用し、ファクタリング業者に名前を変え、その実態は暴利の貸金業を行っているのです。

    ファクタリングは、認可が必要ないだけではなく、手数料体系も銀行融資やカードローンなどに比べかなり曖昧なところがあるため、ヤミ金にとっては都合が良いのです。

    次の章では、ファクタリングで起こり得る詐欺の実態について説明をします。

    ファクタリング業者による詐欺の具体例

    ファクタリング業者による詐欺の具体例について説明します。

    主な詐欺の事例は3つに集約されます。

    1. 法外な手数料を取る
    2. 消費税を取る
    3. 債権の二重譲渡を仕組まれる

    ①法外な手数料を取る

    法外な手数料を取る場合は、詐欺のケースが圧倒的に多いです。

    ファクタリングは、確かに銀行融資やカードローンなどに比べ、手数料の幅が業者によって広いため、手数料相場が分からないということはあります。

    しかし、ある程度の相場というものはありますので、著しく高い手数料を取る場合は詐欺の可能性が高いでしょう。

    また、相談当初は安い手数料を提示しておいて、様々な追加の手数料を提示し、最終的に高額な手数料を取るケースもあります。

    あくまで総額でしっかり考えるようにする必要がありますし、追加でもし手数料が提示された場合は何の手数料なのかしっかり確認するようにしてください。

    ファクタリングを利用する方の中には、「手数料なんて関係ないから早くお金を手にしたい」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

    しかし、その場を乗り切ることができても、高い手数料でお金を調達してしまうと、後々必ず自分の首を絞めてしまうことになりますので注意してください。

    ②消費税を取る

    ファクタリング取引には消費税はかかりません。ただしファクタリングの内容について詳しく知らない利用者の方は圧倒的に多いはずです。

    専門の業者から「ファクタリングには消費税がかかりますよ」といわれてしまうと、ついつい消費税を払ってしまうこともあるでしょう。

    もし、ファクタリングに消費税を求められた場合は、詐欺の可能性が極めて高いので注意するようにしてください。

    ③債権の二重譲渡を仕組まれる

    ファクタリングは、売掛金などの売掛債権を利用した資金調達方法です。

    もちろん、債権の二重譲渡は許されません。

    しかし、悪質なファクタリング業者の場合、二重譲渡を仕組むケースがあります。

    例えば、Aというファクタリング業者に相談した後に、提示された金額よりも高い価格で買い取ってくれるBという業者が営業してきたとします。

    ファクタリングの利用を検討している人は、Aと契約したつもりはなくても、巧みに話をされ、本人が意識していなくても契約書にサインしてしまっているケースがあります。

    その後、B社の方が有利なので、B社と契約したとしましょう。

    A社と契約している意識がないので、ファクタリング利用者は二重譲渡した意識は全くありませんが、A社とB社が裏でつるんでいたらどうでしょうか。

    B社が二重譲渡を指摘し、ファクタリング利用者は莫大な損害金を支払わなければならなくなってしまう可能性があります。

    このように、複数のファクタリング業者が裏でつるんでいる可能性はありますので注意が必要です。

    詐欺に遭わないためには

    詐欺に合わないためには、悪質なファクタリング業者と関わらないことが1番です。

    最近はファクタリングの認知度が高まってきており、インターネット上に様々な情報があります。

    利用するファクタリング会社の情報についてはインターネットで徹底的に調べるようにしましょう。

    正規のファクタリング業者であれば詐欺に会う可能性は低くなりますので安心して利用することができます。

    まとめ

    今回は、ファクタリングの詐欺について説明をしました。

    この記事のまとめ
    • ファクタリングで起こる詐欺の大多数はヤミ金業者によるもの
    • ファクタリング業者による詐欺は、以下の3パターンがメイン
      1. 法外な手数料を取る
      2. 消費税を取る
      3. 債権の二重譲渡を仕組まれる

    ファクタリングは、銀行融資などに比べ手軽に資金調達できる方法として、近年、注目を集めている資金調達方法です。

    しかし、ファクタリングにまつわる詐欺事例は残念ながらいくつかありますのでしっかり確認するようにしましょう。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    【資金調達スタート】は、ファクタリング情報を網羅するウェブメディアです。現役経営者が利用者目線で、ファクタリングサービスを徹底的に調査・レビューし、あなたの要望にあわせたをファクタリング業者を見つけるお手伝いをさせていただきます。

    目次
    閉じる