MENU
「給料ファクタリング」は扱っておりません。

『保証ファクタリング』とは?仕組みとメリット・デメリットを解説

保証ファクタリング

大きな取引が決まったけど、ちゃんと入金してもらえるかな?

取引先の倒産に備える保険みたいなものはないのかな?

大きな取引が決まると入金が楽しみになるものですが、「本当に入金がしっかりあるか?」と不安に思う経営者の方は多いものです。

万が一入金がなければ、経営に大きなダメージを受けることもあります。

そのような事態を避けるために利用されるのが『保証ファクタリング』です。

この記事でわかること
  • 保証ファクタリングの仕組み
  • 保証ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリングってどんなサービスなの?という方は、以下の記事をご覧ください。

目次

おすすめファクタリング会社比較

スクロールできます
24時間365日営業24時間365日営業
ラボル
ラボル
ququmo
ククモ
アクセルファクター
アクセルファクター
日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業
金融サポート機構
ファクタリングのTRY
TRY
ベストファクター
ベストファクター
アウル経済
アウル経済
手数料10%1%~14.82%~20%1.5%~103%~2%~20%1%~10%
入金対応最短即日最短即日最短即日最短即日最短即日最短即日最短即日
買取可能額1万~
制限なし30万~
1億
制限なし10万~
9,000万
30万~
1億
10万~
1億
創業2021201720182017年20182017年1997
個人事業主
オンライン完結
登記の留保
評判・口コミ紹介記事へ紹介記事へ紹介記事へ紹介記事へ紹介記事へ紹介記事へ紹介記事へ
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

『保証ファクタリング』とは?

保証ファクタリング』とは、取引先が倒産したなどの理由で売掛金(売掛債権)が支払われない場合に保証を受けられる仕組みです。

利用にはある程度の手数料がかかりますが、不測の事態に備えて一定のリスクヘッジをすることができるという利点があります。

『保証ファクタリング』のメリット

保証ファクタリングには様々なメリットがありますが、主なメリットは5つです。

保証ファクタリングのメリット
  • リスクヘッジができる
  • 取引先に知られずに利用できる
  • 与信審査を委託できる
  • 手数料を国の助成金で賄えることがある
  • 銀行などの金融機関からの信頼度が上がる

リスクヘッジができる

保証ファクタリングを利用すれば、売掛金(売掛債権)回収のリスクヘッジができます。

これは債権額が大きい場合には特に大きなメリットです。

保証ファクタリングがあれば、万が一取引先が倒産しても(売掛金の保証があるため)安心して業務に専念できます。

取引先に知られずに利用できる

保証ファクタリングは取引先に知られずに利用できますので、信頼関係や今後の取引への影響はありません。

与信審査を委託できる

保証ファクタリングを利用することは、結果的に与信審査を外部委託(アウトソーシング)することになります。

なぜなら、依頼を受けたファクタリング会社は、売掛金を発行している取引先の与信審査を行うからです。

保証ファクタリングを提供している業者は、与信に関する様々なノウハウや経験があるため、正確な与信審査を行うことができます。

判断が難しい与信審査をアウトソーシングできるのは、保証ファクタリングの大きなメリットです。

手数料を国の助成金で賄えることがある

建設業界など取引金額が大きく関連企業が多いケースなどでは、保証ファクタリングの手数料を国が負担してくれるケースがあります。

建設業のファクタリングについては、以下の記事をご覧ください。

銀行などの金融機関からの信頼度が上がる

保証ファクタリングを利用することで、リスクヘッジを行って堅実な経営をしている会社として、銀行などの金融機関からの信頼度が上がります

『保証ファクタリング』のデメリット

保証ファクタリングの主なデメリットは2つです。

保証ファクタリングのデメリット
  • 手数料がかかる
  • 取引先の信用状況次第で利用できないケースがある

手数料がかかる

保証ファクタリングの利用には手数料がかかり、無事売掛金の入金があった場合でも手数料は戻ってきません。

つまり、掛け捨ての保険のようなものです。

また、手数料は取引先の信用力によって変わるため、信用力が低い取引先の場合には多額の手数料がかかるケースがあります。

取引先の信用状況次第で利用できないケースがある

保証ファクタリングは、万が一の際のリスクヘッジとして非常に有効な方法ですが、取引先の信用状況によっては利用を断られることもあります

いつ『保証ファクタリング』を利用するべきか?

保証ファクタリングを利用するタイミングは様々ありますが、利用した方が良い主なケースは2つです。

  • 売掛金の金額が大きい場合
  • 取引先の信用状況に不安がある場合

売掛金の金額が大きい場合

売掛金額が自社の売り上げの大きな部分を占める場合、リスクヘッジのために保証ファクタリングの利用を検討した方が良いでしょう。

取引先の信用状況に不安がある場合

与信審査のノウハウがなくても、取引先のちょっとしたことに不安を覚えるケースもあるはずです。

このような勘は当たるケースも多いので、取引先の信用状況に少しでも不安がある場合は、保証ファクタリングの利用を検討しましょう。

まとめ

『保証ファクタリング』とは?仕組みとメリット・デメリットを解説」について説明をしました。

保証ファクタリングは、売掛債権にリスクヘッジをかけられる便利な仕組みです。

手数料はかかりますが、上手に利用すれば手数料以上に得られる安心感は大きくなります。

ぜひ今回の記事を参考に、保証ファクタリングの理解を深めていただければ幸いです。

 

目次