MENU

保証ファクタリングとは?仕組みとメリット・デメリットを解説

保証ファクタリング

大きな取引が決まったけど、ちゃんと入金してもらえるかな?

取引先の倒産に備える保険みたいなものはないのかな?

大きな取引が決まると入金が楽しみになるものですが、「本当に入金がしっかりあるのだろうか」と不安に思われる経営者の方は多いのではないでしょうか。

もし、自社の売上の大部分を占める場合、万が一入金がなければ会社は大きなダメージを受けてしまいます。

そのような事態を避けるためにおすすめなのが、今回紹介する「保証ファクタリング」です。

この記事では、保証ファクタリングについてわかりやすく説明をしますのでぜひ参考にしてくださいね。

この記事でわかること
  • 保証ファクタリングの仕組みとメリット・デメリット
資金調達スタート

そもそもファクタリングって何?という方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

目次

おすすめファクタリング会社比較表

スクロールできます
手数料資金化
スピード
買取可能額仕組み申込方法個人事業主口コミ
評判
プロテクトワン
プロテクトワン
1.5%~最短30分10万
~1億
2社間オンライン
電話
詳細へ
ququmo
QuQuMo
1%
~14.8%

最短2時間指定なし2社間オンライン詳細へ
paytoday
PayToday
1%〜9.5%最短30分指定なし2社間オンライン詳細へ
アクセルファクター
アクセルファクター
2%
~20%
最短3時間30万
~1億
2社間
3社間
オンライン
電話
郵送
来店・出張
詳細へ
日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業
金融サポート機構
1.5%
~10%
最短即日指定なし2社間
3社間
オンライン
電話
郵送
来店・出張
詳細へ
ベストファクター
ベストファクター
2%
~20%
最短即日30万
~3億
2社間
3社間
オンライン
電話
来店・出張
詳細へ
ビートレーディング
ビートレーディング
2%
~20%
最短5時間指定無し2社間
3社間
オンライン
電話
来店・出張
詳細へ

ロゴをクリックすると公式サイトで詳細をみられます

保証ファクタリングとは?

保証ファクタリング」とは、売掛金などの売掛債権が取引先が倒産してしまったなどの理由で支払われない場合、ファクタリング会社が保証してくれる仕組みです。

もちろん、タダで保証ファクタリングが利用できるわけではなく、手数料がかかります。

しかし、不測の事態に備えて一定のリスクヘッジをすることができる仕組みになります。

それでは、この保証ファクタリングにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

保証ファクタリングのメリット

保証ファクタリングには様々なメリットがありますが、主なメリットは5つです。

保証ファクタリングのメリット
  • リスクヘッジができる
  • 取引先に知られずに利用できる
  • 与信審査をファクタリング業者に任せることができる
  • 手数料を国の助成金で賄えることがある
  • 銀行などの金融機関からの信頼度が上がる

リスクヘッジができる

保証ファクタリングを利用することによって、売掛金などの売掛債権のリスクヘッジができます。

特に金額が大きい場合、売掛債権のリスクヘッジができるのは大きなメリットになるでしょう。

保証ファクタリングがあるおかげで、万が一、取引先が倒産しても、売掛金の保証があるので安心して業務に専念できます。

取引先に知られずに利用できる

保証ファクタリングは、取引先に知られずに利用ができます

保証ファクタリングを利用される会社から見ると、「信用されていないのか」と思われる可能性があるでしょう。

資金調達スタート

結果として、取引先との信頼関係に影響し、今後の取引が縮小されてしまうかもしれません。

しかし、保証ファクタリングは取引先に知られずに利用ができますので、そのような心配はありません。

与信審査をファクタリング業者に任せることができる

保証ファクタリングを利用することによって、結果的に与信審査をアウトソーシングできます。

なぜなら、依頼を受けたファクタリング会社は、売掛金を発行している取引先の与信審査を行うからです。

保証ファクタリングを提供している業者は、与信に関する様々なノウハウや経験があるため、正確な与信審査を行うことができます。

資金調達スタート

与信判断を正確に行うためには、様々な経験やノウハウが必要で、簡単にできるものではありません。

判断が難しい与信審査をアウトソーシングできるのは、保証ファクタリングを利用する大きなメリットになるでしょう。

手数料を国の助成金で賄えることがある

保証ファクタリングの手数料を、国が負担してくれるケースがあります。

資金調達スタート

例えば建設業界など、取引金額が大きく関連企業が多いケースなどが該当します。

保証ファクタリングの手数料を国が助成してくれるのは、非常に大きなメリットといえます。

銀行などの金融機関からの信頼度が上がる

保証ファクタリングを利用することによって、銀行などの金融機関からの信頼度が上がります

なぜかというと、保証ファクタリングを利用することによって、「リスク管理が出来ている会社」と見てもらうことができるからです。

銀行などの金融機関から見ると、お金を貸した場合、しっかり戻ってくるかどうかが非常に重要になります。

保証ファクタリングを利用し、しっかりリスクヘッジを行っている会社であれば堅実な経営を行っている可能性が高いと見てくれるため、融資を受けやすくなるでしょう。

保証ファクタリングのデメリット

保証ファクタリングには様々なメリットがありますがデメリットもあります。保証ファクタリングの主なデメリットは3つです。

保証ファクタリングのデメリット
  • 手数料がかかる
  • 取引先が破綻しなくても手数料は戻ってこない
  • 取引先の信用状況によっては利用できないケースがある

手数料がかかる

当然ですが、保証ファクタリングには手数料がかかります

慈善事業ではありませんので、無料で保証ファクタリングを利用することはできません。

取引先の信用度によって手数料は変わってくるのが一般的です。

信用力が低い取引先の場合、多額の手数料がかかってしまうケースがあるのは大きなデメリットといえるでしょう。

取引先が破綻しなくても手数料は戻ってこない

保証ファクタリングを利用し、無事売掛金の入金があった場合でも、保証ファクタリングの手数料は戻ってきません。

資金調達スタート

つまり、掛け捨ての保険のようなものになります。

手数料が戻ってこないのは、保証ファクタリングのデメリットといえるかもしれません

取引先の信用状況によっては利用できないケースがある

保証ファクタリングは、万が一の際のリスクヘッジとして非常に有効な方法ですが、取引先の信用状況によっては利用できないケースがあります

例えば、極めて倒産する可能性が高い取引先に、保証ファクタリングを利用することができません。

いつ保証ファクタリングを利用するべきか?

保証ファクタリングを利用するタイミングは様々ありますが、利用した方が良い主なケースは2つです。

  • 売掛金の金額が大きい場合
  • 取引先の信用状況に不安がある場合

売掛金の金額が大きい場合

売掛金の金額が自社の売り上げの大きな部分を占める場合、リスクヘッジのため、保証ファクタリングの利用を検討した方が良いでしょう。

万が一、売掛金を発行している取引先が破綻してしまうと、保証ファクタリングがなければ大変なことになってしまいます。

資金調達スタート

自社に与える影響を勘案し、保証ファクタリングの利用を検討するようにしましょう。

取引先の信用状況に不安がある場合

取引先の信用状況に不安がある場合も、保証ファクタリングの利用を検討すべきでしょう。

自社に与信審査のノウハウがなくても、取引先のちょっとしたことに不安を覚えるケースもあるはずです。

このような勘は当たるケースも多いので、取引先の信用状況に少しでも不安がある場合は、保証ファクタリングの利用を検討しましょう。

まとめ

今回は、保証ファクタリングについて説明をしました。

保証ファクタリングは、売掛債権にリスクヘッジをかけられる非常に便利な仕組みです。

もちろん手数料はかかりますが、手数料以上に得られる安心感は大きくなります。

ぜひ今回の記事を参考に、保証ファクタリングの理解を深めていただければ幸いです。

 

目次