MENU

    ファクタリングの法的根拠|違法性はないのか?

    ファクタリングの法的根拠

    ファクタリングの需要は伸びていますが、金融庁も注意喚起を出しているように、ヤミ金等の悪質な業者も存在しています。

    Googleの検索でも予測変換に「ファクタリング 違法」というキーワードがでてくるなど、ファクタリングに対するイメージは決して明るいものばかりではありません。

    しかし、本来のファクタリングは正当な取引であり、有益なツールなのです。

    本記事では「ファクタリングの法的根拠|違法性はないのか?」について解説します。

    この記事のまとめ
    • ファクタリングは一般的な売買・譲渡契約であり、違法性はない
    • ファクタリング業界内にはヤミ金などの業者が多く存在するため、業者選びは
    目次

    個人事業主もOK!
    おすすめファクタリング業者一覧

    スクロールできます
    サービス名手数料入金スピード取引可能額仕組み紹介記事
    プロテクトワン
    プロテクトワン
    1.5%最短30分10万円~1億円2社間詳細へ
    ququmo
    ククモ
    114.8最短2時間指定なし2社間詳細へ
    paytoday
    PAYTODAY
    1%9.5%最短45分指定なし2社間詳細へ
    アクセルファクター
    アクセルファクター
    2%~20最短3時間30万円 〜 1億円2・3社間詳細へ
    next one
    ネクストワン
    1.5%~10最短翌日30万円〜2・3社間詳細へ
    日本中小企業金融サポート機構
    日本中小企業金融サポート機構
    1.5%~10最短即日指定なし2・3社間詳細へ
    ベストファクター
    ベストファクター
    2%~20最短即日30万円 〜 3億円2・3社間詳細へ
    ウィット
    株式会社ウィット
    5%〜最短2時間指定なし2・3社間詳細へ
    トップマネジメント
    トップマネジメント
    3.5% 〜 12.5%最短即日30万円〜2・3社間詳細へ
    ビートレーディング
    ビートレーディング
    2%〜20%最短5時間指定なし2・3社間詳細へ

    ↑ロゴを押すと公式サイトで詳細を見られます↑

    ファクタリングに関する法律

    まずファクタリングとはどういう取引か確認してみましょう。

    ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあり、それぞれ法的根拠が異なります。

    2社間ファクタリングの場合

    2社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社への債権譲渡をともなわないため(自社に債権がある状態)、自社とファクタリング会社との合意のみで契約できる売買契約となります。

    資金調達スタート

    法律上は民法第555条「売買契約」が適用されます。

    第555条(売買契約)

    売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

    3社間ファクタリングの場合

    一方の3社間ファクタリングは、売掛先の承諾を得たうえで債権の譲渡が行われます。

    法的根拠となるのは、民法第466条「債権の譲渡性」と民法第467条「指名債権の譲渡の対抗要件」です。

    第466条(債権の譲渡性)

    1.債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。

    第467条(指名債権の譲渡の対抗要件)

    1.指名債権の譲渡は、譲渡人が債務者に通知をし、又は債務者が承諾をしなければ、債務者その他の第三者に対抗することができない。

    資金調達スタート

    債権の譲渡も売買も日本において法的に認められたものであり、なんら違法性はないのです。

    このように、ファクタリングは金銭消費貸借契約ではないため、銀行融資のリスケや税金未納等があっても利用できるわけです。

    ファクタリングに対する悪いイメージの原因

    ではなぜファクタリングに悪いイメージがあるのでしょうか?

    これには以下のような背景があると考えられます。

    • ファクタリングに関する法律が整っていない
    • ファクタリング取引を装って、法定利息の何十倍もの金利を得る業者がいる
    • 給料ファクタリング」という名称で個人の給与を対象にした取引が増加、多数の被害がでている

    残念ながら、こういった問題はしばらく無くなることはないでしょう。ファクタリングを利用する際には、くれぐれも注意してください。

    給料ファクタリングとは?

    給料ファクタリングとは、労働者である個人が受け取る予定の給料(賃金債権)をファクタリング業者に売却し、給料日前に現金化するもの。ファクタリングの一種のように装っていますが、これは貸金業に該当します

    貸金業の登録をしていないヤミ金融業者が給料ファクタリングとうたい、高額な手数料を請求したり、悪質な取り立てを行ったりする被害が多数報告されており、金融庁からも注意喚起がなされています。十分に注意してください。

    参照:金融庁「ファクタリングに関する注意喚起」

    ファクタリング契約時の注意点

    契約時に以下のような点に注意しましょう。

    • 契約書に契約であることが明記されていない
    • 債権の買取代金が、債権額にくらべて著しく低額

    こういったケースは、ファクタリングを装った貸付の疑いがあります。

    また、ファクタリングであっても、経済的に貸付と同様の機能を有していると思われるようなものについては、貸金業に該当するおそれがあります。

    以下のような場合も注意が必要です。

    • 売掛債権を買い戻す契約になっている
    • 売主自身の資金によりファクタリング業者に支払をしなければならないこととされている

    まとめ

    本記事では「ファクタリングは違法?法的解釈と契約時の注意点」について解説しました。

    この記事のまとめ
    • ファクタリングは一般的な売買・譲渡契約であり、違法性はない
    • ファクタリング業界内にはヤミ金などの業者が多く存在するため、業者選びは

    ファクタリング会社が売掛債権を売却・譲渡され、その対価として売掛金相当額を支払うのが、ファクタリングという金融取引です。

    これは一般的な売買契約、譲渡契約であり、ファクタリング自体に違法性はありません

    しかし、業界内にはヤミ金などファクタリングを装った貸付を行って、多大な利息を要求していくる業者が多く存在します。ファクタリング会社を選ぶ際には、慎重に吟味するようにしてください。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    【資金調達スタート】は、ファクタリング情報を網羅するウェブメディアです。現役経営者が利用者目線で、ファクタリングサービスを徹底的に調査・レビューし、あなたの要望にあわせたをファクタリング業者を見つけるお手伝いをさせていただきます。

    目次
    閉じる