【ファクタリング後の支払い】支払い期日と支払い方法を解説

【ファクタリングの支払い】

取引先に秘密で利用できることで人気の2社間ファクタリングですが、取引先からの売掛金の回収と、ファクタリング会社への支払いが必要になります。

本記事では「【ファクタリング後の支払い】支払い期日と支払い方法を解説」について書きます。

ファクタリングの支払い期日

【カレンダー】アイキャッチ

ファクタリングの支払い期日は、2社間ファクタリングか3社間ファクタリングかで、次のような違いがあります。

【2社間の場合】取引先から入金後すぐ

2社間ファクタリングの仕組み
2社間ファクタリングの仕組み

取引先に秘密で利用できることで人気の2社間ファクタリングですが、取引先から入金された売上金は、すぐさまファクタリング会社へ返済しなければなりません。

キャッシュフローのズレが、さらなる経営悪化を招いてしまう危険性もあります。中長期的な計画のもとに、ファクタリングを利用しましょう。

【3社間の場合】支払い不要

3社間ファクタリングの仕組み
3社間ファクタリングの仕組み

3社間ファクタリングの場合は、売掛金を売却した時点で、売掛金の回収義務はファクタリング会社に移ります

ファクタリング利用者(上図の事業主)が本来受け取るはずであった債権(売掛金)は、取引先からファクタリング会社へ直接支払われます。

そのため、返済や弁済という概念はありません。

万が一、売掛先からファクタリング会社への支払が遅れても、あなたへ督促されることはありません。

ノンリコースでないファクタリング契約をしてしまった場合は、督促が発生する可能性はあります。

契約時には、必ず契約条件をチェックしましょう。

よくある質問

【質問】

Q1. ファクタリング会社への支払いをしないとどうなる?

2社間ファクタリングでは、回収した売掛金を、期日までにファクタリング会社へ支払う必要があります。

万が一支払いに遅れてしまうと、以下のような事態が想定されます。

  • ファクタリング会社からの督促の連絡
  • 遅れた日数分の遅延損害金の請求
  • 売掛先に「債権譲渡通知」が発送される
  • 損害賠償請求の訴訟を起こされる

段階的に厳しい対応になってきますので、1日でも早く対処する必要があります。

Q2. 分割支払いできる?

ファクタリングでは分割払いはありえません。

分割払いを許可してしまうと、それは「実質的な融資」扱いになり、貸金業法に違反してしまいます。よって、ファクタリング会社としても分割払いの提案はできないのです。

悪質なファクタリング会社は、あえて分割に応じて、法外な手数料を請求してくる場合もあります。

分割払いは、要求しないこと。提案されても断ること。これが大事です。

まとめ

本記事では「【ファクタリング後の支払い】支払い期日と支払い方法を解説」について書きました。

ファクタリングは、”売上の前借り”です。後日入金される売上は、返済に当てなければならないことを、忘れないようにしましょう。