MENU

ファクタリングと償還請求権|ノンリコース契約とは?

償還請求権

ファクタリングの償還請求権ってなに?

売掛金を回収できなくなったらどうなるの?

そんな疑問をお持ちではありませんか?

ファクタリングは、銀行融資などにくらべ、スピーディかつ簡単に資金調達ができることから、近年人気が高まっている金融サービスです。

そんなファクタリングの契約前に必ずチェックしておきたいのが、「償還請求権」の有無です。

この償還請求権の有無によって、ファクタリング利用者が負うリスクが全く異なってきます。

この記事では、ファクタリングと償還請求権について解説します。

この記事でわかること
  • ファクタリングにおける償還請求権とは?
  • 償還請求権のメリット・デメリット
資金調達スタート

そもそもファクタリングって何?という方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

目次

おすすめファクタリング会社比較表

スクロールできます
手数料資金化
スピード
買取可能額仕組み申込方法個人事業主口コミ
評判
プロテクトワン
プロテクトワン
1.5%~最短30分10万
~1億
2社間オンライン
電話
詳細へ
ququmo
QuQuMo
1%
~14.8%

最短2時間指定なし2社間オンライン詳細へ
paytoday
PayToday
1%〜9.5%最短30分指定なし2社間オンライン詳細へ
アクセルファクター
アクセルファクター
2%
~20%
最短3時間30万
~1億
2社間
3社間
オンライン
電話
郵送
来店・出張
詳細へ
日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業
金融サポート機構
1.5%
~10%
最短即日指定なし2社間
3社間
オンライン
電話
郵送
来店・出張
詳細へ
ベストファクター
ベストファクター
2%
~20%
最短即日30万
~3億
2社間
3社間
オンライン
電話
来店・出張
詳細へ
ビートレーディング
ビートレーディング
2%
~20%
最短5時間指定無し2社間
3社間
オンライン
電話
来店・出張
詳細へ

ロゴをクリックすると公式サイトで詳細をみられます

償還請求権とは?

償還請求権(リコース)」とは手形や小切手の支払いがされない、または支払いの見込みがなくなったときに、振出人や裏書人、その保証人などに支払いを請求できる権利のことです。

ファクタリングでいえば、売掛先の倒産や不渡りにより売掛金が回収できなくなった際に、売掛先ではなく売掛債権を売却したファクタリング利用者に償還を求める権利と解釈されます。

ファクタリングにおける償還請求権のメリット・デメリット

ファクタリングにおいて、償還請求権の有無で利用者が背負うリスクに大きな差がでてきます。

ここでは、償還請求権がある場合とない場合のメリット・デメリットを見ていきましょう。

償還請求権あり
(ウィズリコース)
償還請求権なし
(ノンリコース)
手数料安い高い
審査通りやすい通りにくい
補償利用者が補償ファクタリング会社が補償
信用情報への影響可能性ありなし

償還請求権あり(ウィズリコース)

ファクタリング会社に償還請求権がある契約は、「ウィズリコース」と呼ばれます。

ウィズリコース契約の場合、ファクタリング会社が売掛金を回収できなくなった際に、ファクタリング利用者に弁済の義務が発生します。

ファクタリング会社にとっては、リスクが低くなる契約であることから、

  • 手数料が安い
  • 審査が通りやすい

といったメリットがあります。

一方で、利用者には万が一の際の弁済の義務と、支払いが遅れた場合に信用情報に悪影響がある可能性があるというデメリットがあります。

償還請求権なし(ノンリコース)

ファクタリング会社に償還請求権がない契約は、「ノンリコース」と呼ばれます。

ノンリコースでの契約の場合、ファクタリング会社が売掛金を回収できなくなった際でも、ファクタリング利用者に弁済の義務は発生しません。

資金調達スタート

これはファクタリング利用者にとって大きなメリットです。

一方で、ファクタリング会社にとってはリスクが高い契約であることから、

  • 手数料が高い
  • 審査が通りにくい

といったデメリットもあります。

ファクタリングにおける償還請求権の注意点

償還請求権については理解していただけたでしょうか。

ここでは、ファクタリングにおける償還請求権について知っておきたい特徴を見ていきましょう。

ファクタリングは償還請求権のない契約(ノンリコース)

国内におけるファクタリングの契約では、償還請求権の無いノンリコース(non-recourse)契約が一般的です。

上述のように、ノンリコース契約では、売掛先が倒産してもファクタリングの利用者に弁済義務は発生しません。

資金調達スタート

つまり貸し倒れのリスクはファクタリング会社が負うことになります。

償還請求権がある契約(ウィズリコース)はしてはいけない!

逆に、償還請求権付のファクタリング契約は、売掛先から資金を回収できなかった際に、ファクタリング利用者がそれを弁済しなければいけない不利な契約です。

償還請求権があるファクタリングは、債権譲渡ではなく債権を担保にした融資、つまりは貸付と同じではないかという裁判の判決も出ています。

資金調達スタート

償還請求権のあるファクタリング契約はしないほうが良いでしょう。

償還請求権なしの契約では売掛債権の信用力が重要

繰り返しになりますが、日本国内におけるファクタリングは、原則として償還請求権がない(ノンリコース)契約です。

そのため、ファクタリング会社は慎重な審査を通して、売掛金を回収する見込みが高い債権のみを買取りしようとします。

資金調達スタート

この審査で重要視されるのは債権の信頼性、売掛先の信用情報です。

債権の信頼性としては、

  • 二重譲渡された債権ではないか
  • 実在する債権か

といった点がチェックされます。

また、売掛先の信用情報としては、赤字経営になっていないかが主なチェックポイントになります。

資金調達スタート

売掛金の支払い能力があることが大切です。

ファクタリングの審査について詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

まとめ

この記事では、ファクタリングと償還請求権について解説しました。

この記事のまとめ
  • 償還請求権とは、債権の回収を請求できる権利
  • 日本国内のファクタリングでは、償還請求権の無い「ノンリコース契約」が一般的
  • ノンリコース契約ならば、売掛先が倒産などした場合、利用者が弁済する必要はない

償還請求権の有無はファクタリングを行う上で非常に重要なポイントです。

ファクタリングの利用を検討する場合は、償還請求権の有無についてよく確認してください。

目次