MENU

    医療ファクタリング|メリットとデメリットを解説

    医療ファクタリング

    ファクタリングには、病院や診療所、介護施設等の医療機関しか利用できない医療ファクタリングというものがあります。

    そこで今回は、医療ファクタリングについて説明をします。わかりやすく説明をしますのでぜひ参考にしてください。

    この記事のまとめ
    • 医療ファクタリングとは、医療機関の社会保険診療基金(社保)や国民健康保険団体連合会(国保連)への診療報酬(レセプト報酬)を利用したファクタリング
    • 医療ファクタリングのメリットは以下の4点
      1. 一般のファクタリングに比べ手数料が安い
      2. ノンコースファクタリングであるのが一般的
      3. トラブルになる可能性が極めて低い
      4. 初月のみ2か月分の診療報酬が受け取れる
    • 医療ファクタリングのデメリットは以下の2点
      1. 手数料がかかる
      2. 自転車操業になる恐れがある
    目次

    個人事業主もOK!
    おすすめファクタリング業者一覧

    スクロールできます
    サービス名手数料入金スピード取引可能額仕組み紹介記事
    プロテクトワン
    プロテクトワン
    1.5%最短30分10万円~1億円2社間詳細へ
    ququmo
    ククモ
    114.8最短2時間指定なし2社間詳細へ
    paytoday
    PAYTODAY
    1%9.5%最短45分指定なし2社間詳細へ
    アクセルファクター
    アクセルファクター
    2%~20最短3時間30万円 〜 1億円2・3社間詳細へ
    next one
    ネクストワン
    1.5%~10最短翌日30万円〜2・3社間詳細へ
    日本中小企業金融サポート機構
    日本中小企業金融サポート機構
    1.5%~10最短即日指定なし2・3社間詳細へ
    ベストファクター
    ベストファクター
    2%~20最短即日30万円 〜 3億円2・3社間詳細へ
    ウィット
    株式会社ウィット
    5%〜最短2時間指定なし2・3社間詳細へ
    トップマネジメント
    トップマネジメント
    3.5% 〜 12.5%最短即日30万円〜2・3社間詳細へ
    ビートレーディング
    ビートレーディング
    2%〜20%最短5時間指定なし2・3社間詳細へ

    ↑ロゴを押すと公式サイトで詳細を見られます↑

    医療ファクタリングとは

    医療ファクタリングとは、医療機関の社会保険診療基金(社保)や国民健康保険団体連合会(国保連)への診療報酬(レセプト報酬)を利用したファクタリングです。

    医療ファクタリングには、様々なメリットがありますのでぜひしっかり理解していきましょう。

    医療ファクタリングの4つのメリット

    医療ファクタリングには様々なメリットがありますが、主なメリットは4つに集約されます。

    医療ファクタリングのメリット
    1. 一般のファクタリングに比べ手数料が安い
    2. ノンコースファクタリングであるのが一般的
    3. トラブルになる可能性が極めて低い
    4. 初月のみ2か月分の診療報酬が受け取れる

    ①一般のファクタリングに比べ手数料が安い

    医療ファクタリングは、支払い相手が国になるため支払いがされないことや遅れることはほぼありません。ファクタリング業者から見るとほぼ100%回収ができるので、手数料が安くなるのが一般的です。

    通常のファクタリングに比べ手数料が安いのは医療ファクタリングの最大のメリットといえるでしょう。

    ②ノンコースファクタリングであるのが一般的

    医療ファクタリングは、先ほど説明した通り、支払い相手が国になるため倒産の可能性がありません。

    そのため、償還請求権なしのノンコースファクタリングで利用できるのが一般的です。

    ノンコースファクタリングとは、売掛先が破綻しても、ファクタリング利用者は責任を問われないファクタリングです。

    ノンコースファクタリングで利用できるのは医療ファクタリングの大きなメリットになるでしょう。

    ③トラブルになる可能性が極めて低い

    医療ファクタリングのお支払い相手は、国保や社保などの国の機関なので、トラブルになる可能性は極めて低いです。支払いを拒絶したりする可能性がないので、安心して取引できるのは、医療ファクタリングならではのメリットではないでしょうか?

    ④初月のみ2か月分の診療報酬が受け取れる

    医療ファクタリングは、初月のみ2か月分の診療報酬が受け取れます

    どういうことかというと、例えば1月に医療ファクタリングを利用した場合、もともと2月に受け取る分の診療報酬と3月に受け取るはずの診療報酬を前倒しで受け取れますので、合計2か月分の診療報酬を一度に受け取ることができます。

    病院の設備投資や運転資金に困っている時に非常に役に立つのではないでしょうか。

    初月のみ2か月分の診療報酬が受け取れるのは医療ファクタリングの大きなメリットになります。

    医療ファクタリングの2つのデメリット

    医療ファクタリングには様々なメリットがありますが、デメリットもあります。医療ファクタリングの主なデメリットは2つです。

    医療ファクタリングのデメリット
    1. 手数料がかかる
    2. 自転車操業になる恐れがある

    医療ファクタリングのそれぞれのデメリットについてわかりやすく説明しますので参考にしてください。

    ①手数料がかかる

    医療ファクタリングは、一般のファクタリングに比べると手数料が安いですが、それでも銀行融資やカードローンの金利よりは高い傾向にあります

    当たり前ですが、ファクタリングを利用しない場合、診療報酬の満額をもらえますので、手数料がかかるのは医療ファクタリングを利用する最大のデメリットといえるのではないでしょうか?

    ②自転車操業になる恐れがある

    医療ファクタリングに限った話では無いですが、ファクタリングは1度使うと自転車操業になりがちです。

    ファクタリングを初めて利用したときは、2か月分の運転資金が入ることになるので非常にありがたいですが、翌月入金する分はゼロになってしまいます。

    結局、翌月分の運営資金を捻出するために再度ファクタリングする会社は非常に多いです。

    このように、ファクタリングはいちど利用してしまうと、自転車操業になる可能性があるのは大きなデメリットといえるでしょう。

    まとめ

    今回は、医療ファクタリングについて説明しました。

    この記事のまとめ
    • 医療ファクタリングとは、医療機関の社会保険診療基金(社保)や国民健康保険団体連合会(国保連)への診療報酬(レセプト報酬)を利用したファクタリング
    • 医療ファクタリングのメリットは以下の4点
      1. 一般のファクタリングに比べ手数料が安い
      2. ノンコースファクタリングであるのが一般的
      3. トラブルになる可能性が極めて低い
      4. 初月のみ2か月分の診療報酬が受け取れる
    • 医療ファクタリングのデメリットは以下の2点
      1. 手数料がかかる
      2. 自転車操業になる恐れがある

    医療ファクタリングは、一般のファクタリングに比べて手数料が安いなど様々なメリットがあります。

    また、トラブルに発展する可能性が極めて低いため非常にメリットの多いファクタリングです。

    ぜひ今回の記事を参考にしていただき医療ファクタリングの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    【資金調達スタート】は、ファクタリング情報を網羅するウェブメディアです。現役経営者が利用者目線で、ファクタリングサービスを徹底的に調査・レビューし、あなたの要望にあわせたをファクタリング業者を見つけるお手伝いをさせていただきます。

    目次
    閉じる