クイックマネジメントの評判・口コミは?ファクタリング会社徹底調査

ファクタリングとは入金待ちの請求書(売掛債権)をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、決済日より早く現金化ができるサービスです。

銀行融資よりも簡単で素早く資金調達できることから、法人・個人事業主、フリーランスの方まで利用者が急増しています。

本記事では「クイックマネジメントの評判・口コミは?ファクタリング会社徹底調査」について解説します。

目次

「クイックマネジメント」とは?

【クイックマネジメント】

クイックマネジメントは、東京都板橋区の株式会社ウェーブネットが運営するファクタリングサービスです。

クイックマネジメントの特徴は以下の通りです。

  1. 取引先の承認不要の2社間ファクタリング対応
  2. 下限なし〜5,000万円まで買取OK
  3. 個人事業主も利用できる
  4. ノンリコースなので取引先が倒産しても補償の必要なし
\いますぐ無料査定を依頼する/
※査定結果に満足できなければキャンセルOKです!
会社名株式会社ウェーブネット
代表者名久我 哲也
所在地東京都板橋区蓮根2-27-12
電話0120-991-619
設立-
事業内容ファクタリング事業
2社間取引
3社間取引
手数料
取引可能額〜 5,000万円
対応エリア全国
資金化スピード
(最短)
即日〜
個人事業主の利用
営業時間平日9:00 〜 19:00
特記事項

「クイックマネジメント」の評判・口コミ

クイックマネジメントに関する良い評判・口コミは以下のようなものです。

  • 審査はスムーズで入金までも早い
  • 銀行などに比べて手続きが簡単
  • 個人事業主でも問題なく利用できる

全体的に審査のスムーズさと入金までがスピーディという印象を持たれる方が多いようです

一方で、悪い口コミはあまり見られませんが手数料は一般的と感じた方が多いようです。

資金調達スタート

最終的にファクタリング手数料は売掛先の与信次第ですので、クイックマネジメントが気になった方はまずは無料査定を依頼してみてください。

\いますぐ無料査定を依頼する/
※査定結果に満足できなければキャンセルOKです!

「クイックマネジメント」のメリット・注目ポイント

【注目ポイント】

①取引先の承認不要の2社間ファクタリング対応

クイックマネジメント2社間ファクタリング

クイックマネジメントは2社間ファクタリングに対応しており、利用者には主に2社間ファクタリングを推奨しているようです。

2社間ファクタリングなら売掛先に知られることなくファクタリングを利用できるため、今後の取引に影響が出ることはありません

また、2社間での契約は手間が少なく、スピーディーに完結できるため、急いで資金調達を希望する方にもオススメの方法です。

一方で、2社間ファクタリングは手数料が割高になる傾向があるため、慎重に利用しないと余計に経営悪化を招くことがあります

資金調達スタート

利用者自身で経営状態を把握したうえで、プランを選択するようにしましょう。

②下限なし〜5,000万円まで買取OK

ファクタリングでは手数料がファクタリング会社の売上です。

手数料は次の式で計算できます。

  • 買取する請求書の額面×手数料率

もし買取する請求書が少額の場合、ファクタリング会社にとっては買取コストがかかるわりに儲けの少ない取引になります。そのため、一般的には数十万円単位の小口の請求書は買取を拒否されることも多いのです。

クイックマネジメントは、最低買取額が設定されておらず小口債権の買取にも強いファクタリング会社です。

③個人事業主も利用できる

個人事業主やフリーランスは売掛債権額が小さいことやエビデンスが不十分なこと、信用面で法人に劣るとみられがちなことから、大手ファクタリング会社などでは、個人事業主・フリーランスは条件を下げられてしまったり、利用を断られてしまったりすることがあります

その点、クイックマネジメントなら個人事業主も利用OKです。

資金調達スタート

小口債権の買取もしてくれるので、個人事業主にはマッチしているファクタリング会社です。

個人事業主の方で、他のファクタリング会社と比較したい場合は、以下の記事で紹介しているファクタリング会社もあわせてご検討ください。

④ノンリコース契約なので取引先が倒産しても補償の必要なし

クイックマネジメントの契約は「ノンリコース(償還請求権なし)」です。

もし万が一売掛先が倒産し、売掛金の回収が困難になったとしても、利用者に売掛金の返済義務が生じることはありません

「クイックマネジメント」のデメリット・利用時の注意点

【利用時の注意点】

①手数料は要問い合わせ

売掛先や支払いサイトによって変わるため、手数料は要問い合わせとなっています。

資金調達スタート

手数料は妥当な範囲か、経営を圧迫しない範囲に収まっているか、しっかり確認するようにしてください。

②入金スピードは不透明

最短30分でのファクタリングを謳っているクイックマネジメントですが、実際には30分以内に入金というのは、ほぼ不可能と考えていいでしょう。

利用者としても、あまりに急いだ契約は

  • 審査時の確認モレ
  • 契約内容の齟齬によるトラブル

などの問題に発展することもありますので、慎重になりたいところです。

資金調達スタート

入金までは最低2日程度を見込んだほうが良いですが、クイックマネジメントの口コミ等ではとてもスムーズに入金されたという声が多いようです。

③比較的新しいファクタリング会社のため口コミ等の情報が少ない

利用するファクタリング会社の情報を選ぶ際に口コミは重要な要素です。

クイックマネジメントの場合、比較的新しいファクタリング会社のため、口コミ等の情報も少なめとなっています。

資金調達スタート

少数ながらある口コミは比較的好意的なものがほとんどですが、利用時には、サービス内容を含め慎重に判断するようにしましょう。

「クイックマネジメント」はこんな人にオススメ

【相性をチェック】

資金調達を急ぎたい方

クイックマネジメントはスムーズでスピーディな審査が評判です。

資金調達スタート

「最速30分で資金調達」は言い過ぎにしても、必要書類を揃えることさえできれば、申込み即日〜翌日には資金調達も可能と思われます。

どうしても資金調達を急ぎたい方は、ほかにも即日ファクタリングを可能としている会社に相見積もりを依頼するのも良いでしょう。

小規模法人・個人事業主にも

小口債権の買取額が指定されていないので、小規模法人や個人事業主のようにまとまった売掛金ができづらい方でも、利用しやすいファクタリング会社です。

資金調達スタート

とはいえ、あまり少額(数万円〜十数万円)の債権では、手数料が割高になりがちですので、最低利用額は30万円〜程度が目安となるでしょう。

「クイックマネジメント」の利用手順

【利用手順】

STEP1 問い合わせ〜ヒアリング

以下のリンクボタンからクイックマネジメントの公式サイトを開きます。

\いますぐ無料査定を依頼する/
※査定結果に満足できなければキャンセルOKです!

サイト内にある「申し込みフォーム」に必要事項を入力して査定の申込みをします。

クイックマネジメント申し込みフォーム

その後、クイックマネジメントから連絡があり、売掛金の詳細についてヒアリングが行われます。

STEP2 審査

提出書類とヒアリングの結果を元に、クイックマネジメント側で審査が行われます(2社間ファクタリングの場合、取引先に連絡はいきません)

STEP3 ファクタリング契約〜入金

無事に審査を通過すれば必要書類を提出して契約となります。

契約後、クイックマネジメントより買取代金が入金されます。

STEP4 クイックマネジメントに支払い

取引先から売掛金を回収後、クイックマネジメントに支払いを行います。

まとめ

本記事では「クイックマネジメントの評判・口コミは?ファクタリング会社徹底調査」について解説しました。

クイックマネジメントの特徴をまとめます。

  1. 取引先の承認不要の2社間ファクタリング対応
  2. 下限なし〜5,000万円まで買取OK
  3. 個人事業主も利用できる
  4. ノンリコースなので取引先が倒産しても補償の必要なし

入金スピードをウリにしているサービスですが、あまり急いだ契約はトラブルを引き起こしかねません。

資金調達スタート

新しいファクタリング会社であることも踏まえ、慎重に利用するようにしてください。

\いますぐ無料査定を依頼する/
※査定結果に満足できなければキャンセルOKです!
よかったらシェアしてね!

おすすめのファクタリング業者一覧

いますぐファクタリングで資金調達を成功させたい方は、必ず2社以上のファクタリング会社に見積もりを依頼しましょう

以下は当サイトでイチオシのファクタリング会社です。

全国対応なので、どこにいても利用できます

スクロールできます
サービス名手数料入金スピード個人事業主仕組み
ququmo1%~14.8%最短2時間2社間
日本中小企業金融サポート機構1.5%~10%最短即日2・3社間
アクセルファクター2%~20%最短即日2・3社間
ベストファクター2%~20%最短即日2・3社間
ウィット5%〜最短即日2・3社間
paytoday2%~9%最短即日2社間
next one1.5%~10%最短翌日2・3社間
Link2~14.9%最短即日2・3社間
OLTA2%~9%最短即日2社間
フリーナンス3%~10%最短即日2社間

この記事を書いた人

資金調達スタート編集部では、現役経営者目線で、様々な資金調達手法を調査・レビュー。あなたの事業にあわせた資金調達方法を見つけるお手伝いをさせていただいています。

目次
閉じる