MENU

    【図解】ファクタリングの仕訳・会計処理とオフバランス化

    ファクタリングの仕分け・会計処理

    「ファクタリング」は、スピーディに資金調達ができる方法として、近年、人気が高まっています。

    そんなファクタリングですが、お金がからむ取引なので、ファクタリング利用時には適正に会計処理を行い記帳をする必要があります

    でも、安心してください。難しい仕訳が必要なわけではありません。

    初めてファクタリングを利用する方には、馴染みがない勘定科目もでてくるので、ファクタリングの仕訳について、この記事で確認してみてください。

    この記事ではファクタリングを利用した際の基本的な会計処理を紹介します。
    また、発展的な内容として、ファクタリングを利用した「オフバランス化」についても解説していきます。

    ファクタリングについて詳しく知りたい方は、まず以下の記事からご覧ください。

    この記事のまとめ
    • ファクタリングを利用したときは、手数料を「売掛債権譲渡損」として計上する
    • ファクタリングを利用すると、総資産利益率(ROA)が改善する効果がある(オフバランス化
    目次

    個人事業主もOK!
    おすすめファクタリング業者一覧

    スクロールできます
    サービス名手数料入金スピード取引可能額仕組み紹介記事
    プロテクトワン
    プロテクトワン
    1.5%最短30分10万円~1億円2社間詳細へ
    ququmo
    ククモ
    114.8最短2時間指定なし2社間詳細へ
    paytoday
    PAYTODAY
    1%9.5%最短45分指定なし2社間詳細へ
    アクセルファクター
    アクセルファクター
    2%~20最短3時間30万円 〜 1億円2・3社間詳細へ
    next one
    ネクストワン
    1.5%~10最短翌日30万円〜2・3社間詳細へ
    日本中小企業金融サポート機構
    日本中小企業金融サポート機構
    1.5%~10最短即日指定なし2・3社間詳細へ
    ベストファクター
    ベストファクター
    2%~20最短即日30万円 〜 3億円2・3社間詳細へ
    ウィット
    株式会社ウィット
    5%〜最短2時間指定なし2・3社間詳細へ
    トップマネジメント
    トップマネジメント
    3.5% 〜 12.5%最短即日30万円〜2・3社間詳細へ
    ビートレーディング
    ビートレーディング
    2%〜20%最短5時間指定なし2・3社間詳細へ

    ↑ロゴを押すと公式サイトで詳細を見られます↑

    ファクタリングの仕訳と勘定科目

    【グラフ】

    ここでは以下の2つのケースで、ファクタリングの仕訳方法を見ていきましょう。

    1. ファクタリングの契約から入金までに日数がかかる場合
    2. 即日入金の場合

    ①ファクタリング契約から入金までに日数がかかる場合

    まずはファクタリングの契約から入金までに、1日以上の日数がかかる場合を見ていきます。

    ファクタリング契約の流れ
    ファクタリング契約の流れ①
    STEP
    売上発生時

    まず通常の売上発生時の仕訳です。

    この例では、「掛け」での取引ですので、借方に売掛金が計上されます。

    売掛金100万円売上高100万円
    STEP
    ファクタリング契約時(売掛金を譲渡したとき)

    ここからが本題です。

    ファクタリング契約時、つまり売掛金をファクタリング会社に譲渡したときの仕訳です。

    この時点では、ファクタリング会社とファクタリング利用の契約を結んだだけで、まだ入金されていない状態のため、「未収金(または未収入金)」という勘定科目で処理します。

    売掛金100万円売上高100万円
    未収金100万円売掛金100万円

    以後、売掛金未収金におきかわります。

    STEP
    ファクタリング会社からの入金時

    次にファクタリング会社から入金があった際の仕訳です(この例では、普通預金に振り込まれたものとしています)。

    この際、入金される金額から手数料が引かれていますので、手数料分を費用として計上する必要があります。

    ファクタリングによる売掛金譲渡は、金銭債権譲渡にあたります。そのため、手数料は「売掛債権譲渡損」という勘定科目で処理します

    売掛金100万円売上高100万円
    未収金100万円売掛金100万円
    普通預金
    売掛債権譲渡損
    90万円
    10万円
    未収金100万円

    なお、ご利用中の会計ソフトで「売掛債権譲渡損」の勘定科目がない場合、「雑損失」「支払手数料」などで代用しても大丈夫です。

    またファクタリングとよく似た「手形割引」の取引では「割引料」という勘定科目が用いられていますが、ファクタリングでも売掛債権譲渡損でなく、割引料として勘定科目へ適用することもできます。

    以上が、ファクタリングの契約から入金までに、1日以上の日数がかかる場合の仕訳方法です。

    ポイントは、ファクタリング契約時に売掛金が未収金に変わること、および入金時に手数料を「売掛債権譲渡損」で処理することです。

    ②即日入金の場合

    今度は、ファクタリング契約から入金まで即日で行われる場合の仕訳方法を見ていきましょう。

    ファクタリング契約の流れ(即日入金)
    ファクタリング契約の流れ(即日入金)
    STEP
    売上発生時

    まず通常の売上発生時の仕訳です。

    ①の場合と変わりありません。

    売掛金100万円売上高100万円
    STEP
    ファクタリング契約&入金時

    ファクタリングの契約後に即時入金された場合は、売掛金を「未収金」として計上する必要はなく、いきなり「普通預金」「売上債権売却損」での仕訳ができます。

    普通預金
    売掛債権譲渡損
    90万円
    10万円
    売掛金100万円

    即日入金の場合の仕訳はこれだけです。

    細かい部分ではありますが、会計処理の面でも即日資金調達ができるファクタリング会社を利用するメリットはあると言えるでしょう。

    即日入金OKのファクタリング会社をお探しの方は、以下の記事でおすすめの優良業者を紹介していますので、ぜひご利用を検討してみてください。

    ファクタリングとオフバランス化

    【注意点】

    ここからは、少し発展的な内容としてファクタリングを利用した「オフバランス化」について紹介していきます。

    オフバランス化とは?

    オフバランス化」とは、決算書の「賃借対照表(バランスシート・BS)」に計上される資産・負債を(適正な)会計処理により消すことで、事業会計を健全にみせることができる方法です。

    と言われても、いまいちピンとこないと思いますので、簡単なオフバランス化の例でファクタリングを利用したオフバランス化のメリット・デメリットをみていきましょう

    オフバランス化の例

    ここでは以下のような会社を例にして考えていきましょう。

    借方貸方
    現金500万円借入金100万円
    売掛金100万円資本金500万円
    (うち利益:100万円)
    合計600万円合計600万円

    まずはファクタリングを利用せずに、銀行から100万円を短期借入した場合を考えます。

    借方貸方
    現金600万円借入金200万円
    売掛金100万円資本金500万円
    (うち利益:100万円)
    合計700万円合計700万円

    この場合の「総資産利益率(ROA)」は、以下のようになります。

    当期純利益100万円 / 総資産700万円 = 14.28%

    次に、手数料10%でファクタリングした場合を考えてみます。

    借方貸方
    現金590万円借入金100万円
    資本金490万円
    (うち利益:90万円)
    合計590万円合計590万円

    ファクタリングを利用することで、貸借対照表から売掛金の項目がなくなります。そして、この場合の「総資産利益率(ROA)」は、以下のようになります。

    当期純利益100万円 / 総資産 590万円 15.25%

    このように、わずかですがファクタリングを利用した場合のほうが、ROAが改善していることがわかります。

    ファクタリングによるオフバランス化のメリット

    上記の例では、ファクタリングを利用することで総資産利益率(ROA)がわずかに改善しています。

    この総資産利益率(ROA)は銀行融資等の審査で重視される経営指標ですので、この値が改善しているということは、銀行融資の審査においては、ファクタリング利用のメリットがあるといえます。

    ファクタリングによるオフバランス化のデメリット

    一方で、ファクタリングを利用した場合、手数料として支払った10万円分だけ現金が減っています(さらに借入をしていない分、キャッシュも100万円少なくなります)。

    つまり、手数料分の利益が減少するのです。

    銀行融資等の評価では、利益率も重要な評価項目になりますので、この点では、ファクタリングを利用したことで経営指標が悪化したといえます。

    このように、ファクタリングをするかどうかで経営指標が変化するため、どちらがより自社にとってメリットになるかを考える必要があります

    ファクタリングの仕訳でよくある質問

    最後に、ファクタリングの仕訳でよくある質問を見ていきましょう。

    手数料はどうやって仕訳したらいいの?

    手数料は「売掛債権譲渡損」で計上します。

    ファクタリングは、売掛債権を金融商品として売買する取引になります。

    手数料を払う分、売掛債権の金額より「損失が発生した」ことになるわけですから、それを「売掛債権譲渡損」として仕訳をする必要があります。

    会計ソフトなどで「売掛債権譲渡損」の勘定科目がない場合、「雑損失」「支払手数料」などで代用しても大丈夫です。

    また手形割引では「割引料」という勘定科目が用いられていますが、ファクタリングでも売掛債権譲渡損でなく、割引料として勘定科目へ適用することもできます。

    ファクタリング取引に消費税はかかるの?

    ファクタリングのように金銭債権の譲渡にあたる取引は非課税取引にあたり、消費税はかかりません

    ただし、ファクタリング会社が債権譲渡登記を行う際の費用には消費税がかかります。

    ファクタリングで発生する手数料については、以下の記事で紹介していますので、あわせてご覧ください。

    決算をまたいだファクタリングの場合はどう仕訳するのですか?

    ファクタリング契約時から入金までに決算期末をまたぐ場合は、通常の売掛金としてその売上に法人税や消費税といった税金が課されます。

    まとめ

    本記事では「ファクタリングの仕訳・会計処理とオフバランス化」を解説しました。

    以下、この記事のまとめとなります。

    この記事のまとめ
    • ファクタリングを利用したときは、手数料を「売掛債権譲渡損」として計上する
    • ファクタリングを利用すると、総資産利益率(ROA)が改善する効果がある(オフバランス化

    売掛債権譲渡損」という見慣れない勘定科目を利用する点を除けば、ファクタリングを利用した場合でも、基本的な記帳の流れは変わりません。

    ただし、会計処理の方法は会計士や税理士によって若干異なることもあります。判断に迷う点は、顧問税理士などに確認してくださいね。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    【資金調達スタート】は、ファクタリング情報を網羅するウェブメディアです。現役経営者が利用者目線で、ファクタリングサービスを徹底的に調査・レビューし、あなたの要望にあわせたをファクタリング業者を見つけるお手伝いをさせていただきます。

    目次
    閉じる