MENU

    ファクタリングにまつわるトラブルとは

    ファクタリングのトラブル

    ファクタリングは、売掛債権の満期まで待たずに現金化できる非常に便利な資金調達方法です。

    特に、銀行融資やカードローンの利用ができない方にとっては、とても重宝する資金調達方法になります。

    近年、ファクタリングの利用者数は増えており、今後も増加が見込まれる資金調達方法ですが、ファクタリングでトラブルになってしまう事例もあります

    そこで今回は、ファクタリングのトラブルについて説明します。 わかりやすく説明しますので是非参考にしてください。

    この記事のまとめ
    • ファクタリング業者に扮した闇金によるトラブルは多い
    • ファクタリングのトラブル回避のためには、手数料や契約書の有無をチェックする
    • ファクタリングは貸金ではないので、売掛金を担保にするのは違法
    目次

    個人事業主もOK!
    おすすめファクタリング業者一覧

    スクロールできます
    サービス名手数料入金スピード取引可能額仕組み紹介記事
    プロテクトワン
    プロテクトワン
    1.5%最短30分10万円~1億円2社間詳細へ
    ququmo
    ククモ
    114.8最短2時間指定なし2社間詳細へ
    paytoday
    PAYTODAY
    1%9.5%最短45分指定なし2社間詳細へ
    アクセルファクター
    アクセルファクター
    2%~20最短3時間30万円 〜 1億円2・3社間詳細へ
    next one
    ネクストワン
    1.5%~10最短翌日30万円〜2・3社間詳細へ
    日本中小企業金融サポート機構
    日本中小企業金融サポート機構
    1.5%~10最短即日指定なし2・3社間詳細へ
    ベストファクター
    ベストファクター
    2%~20最短即日30万円 〜 3億円2・3社間詳細へ
    ウィット
    株式会社ウィット
    5%〜最短2時間指定なし2・3社間詳細へ
    トップマネジメント
    トップマネジメント
    3.5% 〜 12.5%最短即日30万円〜2・3社間詳細へ
    ビートレーディング
    ビートレーディング
    2%〜20%最短5時間指定なし2・3社間詳細へ

    ↑ロゴを押すと公式サイトで詳細を見られます↑

    ファクタリングにまつわるトラブルは主に5つ! 

    ファクタリングは、非常に便利な資金調達方法ですが、残念ながらファクタリングにはいくつかのトラブルも発生しています。

    金融庁も警告しているものもあるので、実際のトラブル事例を見ていきましょう。ファクタリングのトラブルは主に5つです。

    ファクタリングにまつわるトラブル
    • ファクタリング業者に扮した闇金だった
    • 法外な手数料を要求された
    • 騙され二重譲渡になってしまい、違約金を請求された
    • 契約書の控えをもらえない
    • 売掛金を担保にされてしまう

    ファクタリングにまつわる主なトラブルについてわかりやすく説明します。

    ファクタリング業者に扮した闇金だった

    ファクタリングは法律で認められた、違法性のないものですが、中には闇金がファクタリング業者に名を変えて営業しているケースがあります。闇金は、警察の摘発が強化されたことから、以前にくらべ激減しました。

    しかし、いまだに営業している闇金はあります。

    ファクタリングは、闇金の隠れ養に使われている可能性があるので注意が必要です。

    正規のファクタリング会社については会社のホームページがありますし、ロコミや評判も載っています。ファクタリングの利用を検討する際は、まずはインターネットでしっかりファクタリング会社について調べるようにしましょう

    資金調達スタート

    当サイトでも、おすすめのファクタリング会社を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

    ファクタリングに業者に扮した闇金業者につかまってしまうと法外な金利を取られてしまうなどの被害にあう可能性が高いので事前にしっかり調べておくのが重要です。

    法外な手数料を要求された

    闇金業者でなくても、ファクタリング業者の中には、違法な業者もあります。違法な業者の特徴はたくさんありますが、最もわかりやすいのは、法外な手数料を取ろうとする業者でしよう。

    ファクタリングは銀行融資やカードローンの金利に比べて高い手数料がかかるのが一般的ですが、それでも30%を超える手数料の場合は、違法の業者の可能性が高いです。

    また、手数料は安くても「諸費用」と称して様々な手数料をとる業者も違法な業者の可能性があります。見せかけの手数料は安くても最終的にかかるお金が高い場合は、その業者と取引するのはやめましょう。

    騙され二重譲渡になってしまい、違約金を請求された

    ファクタリングに利用する売掛債権は、 当然、 二重譲渡をしてはいけません。しかし、二重譲渡の意思がなくても、悪質な業者が結託して二重譲渡になってしまう可能性があります。

    どういうことかというと、A社がファクタリングを持ち掛け、契約した後に、B社がより条件の良いファクタリングを提案しに来ます。 

    もちろん、B社とも契約してしまうと二重譲渡に該当しますが、B社は仮予約などの言葉を使い、契約書にサインをさせるのです。

    もちろん契約書の詳細はみせません。結果として、B社とも契約してしまい二重譲渡の形になってしまうのです。 裏で、 A 社とB社はグルになっており法外な違約金を請求されてしまうことになります。

    この手法は意外と多いようですが、インターネットなどでロコミや評判を事前に検索しておくことにより、かなりの割合を防ぐことができるでしょう。

    契約書の控えをもらえない

    ファクタリング業者とのトラブルの中には、契約書の控えをもらえないケースも多いようです。

    契約書の控えをもらわないと、契約書の偽造をされたときに、反証するのが難しくなってしまいます。当たり前のことですが、契約書の控えは必ずもらうようにしましょう

    売掛金を担保にされてしまう

    ファクタリングは貸金ではないので、売掛金を担保にするのは違法です。

    しかし、業者によっては、売掛金を担保にして貸金のような形にすることがあります。 ファクタリング業者は貸金はできませんので、もしこのように売掛金を担保にするような業者は違法の可能性が高いので注意しましょう。

    まとめ

    今回は、ファクタリング業者とのトラブルについて説明しました。

    この記事のまとめ
    • ファクタリング業者に扮した闇金によるトラブルは多い
    • ファクタリングのトラブル回避のためには、手数料や契約書の有無をチェックする
    • ファクタリングは貸金ではないので、売掛金を担保にするのは違法

    ファクタリングは、スピーディかつ柔軟な審査基準で利用者が急増している資金調達方法です。

    ただし、トラブルも多く、慎重に業者を選ぶ必要があります。

    ぜひ今回の記事を参考に、安心して取引できる業者を選んでいただければ幸いです。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    【資金調達スタート】は、ファクタリング情報を網羅するウェブメディアです。現役経営者が利用者目線で、ファクタリングサービスを徹底的に調査・レビューし、あなたの要望にあわせたをファクタリング業者を見つけるお手伝いをさせていただきます。

    目次
    閉じる