【ファクタリングの契約】流れと注意点・冒しやすい失敗例も解説

【ファクタリング契約の流れと注意点】

ファクタリングの契約は銀行融資などにくらべると簡単です。しかし、よほど契約ごとに慣れていないと、大きなお金の絡む契約は不安がありますよね。

あなたがはじめてファクタリングを利用するなら、あらかじめ契約の流れをつかんでおけば、契約がスムーズに進み、資金調達は早くなるでしょう。

本記事では「【ファクタリングの契約】流れと注意点・冒しやすい失敗例も解説」について書きます。

ファクタリング契約の基本

【グラフ】

ファクタリングの「契約」は、ファクタリング業者とあなたの間で、法的な責任関係を文書によって明確化するのが目的です。

これは一般的な契約と同じです。そして契約の際には細心の注意が必要です。

当然ですが、ファクタリングの契約も慎重に行う必要があります

ファクタリング契約の流れ

【情報】アイキャッチ

ファクタリングの方法は大きく「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」にわけられます。

2社間ファクタリングの仕組み
2社間ファクタリングの仕組み
3社間ファクタリングの仕組み
3社間ファクタリングの仕組み
関連記事

ファクタリングの仕組みは「自社」「取引先」「ファクタリング会社」の3社間の関わり方によって次の2つに分類することができます。2社間ファクタリング3社間ファクタリング本記事では、「【2社間ファクタリングと3社間ファクタリング】[…]

【2社間ファクタリングと3社間ファクタリング】

どちらを方法を選択するかで契約手続きは微妙に変わりますが、まずは共通の流れを説明します。

  1. 事前相談
  2. 申し込み
  3. 必要書類の提出
  4. 審査
  5. 契約

実際の手続きの流れはファクタリング会社や利用状況によって異なります。

たとえば、あなたとファクタリング会社の間に複数回の利用履歴がある場合は事前相談や必要書類の一部が不要になる場合もあります。

申込時に手続きの流れを確認しておきましょう。

STEP1 事前相談

まずファクタリングを利用するかを決める前に、多くのファクタリング会社で「事前相談」や「無料見積り」といったサービスを提供しています

正式な申し込みには必要書類を準備する手間がかかります。しかし事前相談や無料見積りなら、売掛金の概要さえわかれば、ある程度の利用可否の見通しが立てられるため、かならず事前相談をするようにしましょう。

3社間ファクタリングを利用する場合は、どうやって取引先と交渉したらいいかも教えてくれます。

STEP2 申し込み

ファクタリングの申し込み方法はファクタリング会社によって異なりますが、次の4つの方法が一般的です。

  • 来店
  • 電話
  • 郵送
  • インターネット

オススメはインターネットを利用した方法です。多くのファクタリング会社が公式サイトに「無料問い合わせフォーム」や「無料見積りフォーム」といった、申し込み用のフォームを用意しています。

問い合わせの履歴も残るので、ぜひインターネットを利用して申込みをすることをオススメします

中には契約までインターネットを利用してできるファクタリング会社もあります。ファクタリング会社への来店にかかる移動時間や交通費が不要なので、低コストで素早く資金調達ができるため、非常にオススメのサービスです。

関連記事

新型コロナウイルスの感染拡大により、外出自粛が続いている中「いますぐ資金調達したいが、面談には出向けない!」「都内は感染者が多いため、都内にあるファクタリング会社にはできる限りいきたくない!」などの声が多くなってい[…]

【オンライン完結型ファクタリング】

STEP3 必要書類の提出

ファクタリングでは銀行融資等にくらべて必要書類は少なくて済みます

以下のようなものが必要になることが多いようです。

  • 売掛金証明書類(請求書など)
  • 法人・事業の説明資料
  • 過去の決算書、または青色申告書のコピー
  • 資金繰り表や預金通帳のコピー
  • 税金・社会保険関係書類

提出を要求される書類はすべて審査に利用され、内容をきちんとチェックされます。

ファクタリング会社によっては他社より必要書類が多い場合もあります。それだけきちんとした審査をしてくれているので、大変ですが協力を惜しまないことが大切です。

STEP4 審査

ファクタリングの審査は、書類だけで行われるわけではありません。

事業主であるあなたがどんな人物で、どこまで経営をわかっているかも審査結果に大きく影響します

少なくとも以下のような情報はきちんと整理して伝えられるようにしておきましょう。

  • 事業内容
  • ファクタリング利用を希望する理由
  • 取引先の事業内容・取引状況
  • 取引先のファクタリング利用への内諾
    (3社間ファクタリングのみ)

事業主として「当たり前のことを当たり前に把握・管理できているか」その点次第で審査結果は変わります。当然、手数料にも大きな影響を与えますので、しっかり準備をするようにしてください。

関連記事

ファクタリングでは、銀行融資とは違うポイントが重視されます。審査通過率をあげるために、どこが重視されるのか知っておきましょう。本記事では「ファクタリングの審査|通過率を上げるテクニックも解説」について書きます。融資では[…]

【ファクタリングの審査】

STEP5 契約

このフェーズが最重要です。

あなたとファクタリング会社の間で契約書を取り交わします。契約書には、ありとあらゆる状況を想定した契約事項が記載されているはずです。そして優良な業者であれば、契約書を漏れなくきちんと説明してくれます

「くどい!」「もう十分!」「はやく契約してお金振り込んでよ!!」と思うくらい丁寧に説明してくれる業者が、実際のところ信用度が高いといえます。

なお、3社間ファクタリング利用時は取引先の印鑑も必要になります。

ファクタリング契約時の注意点

【注意点】

ファクタリングは歴史が比較的浅く、日本では法整備が行き届いていない現状があります

そのため悪質業者によるトラブルも多く、自分(自社)の身は自分で守る必要があります。そしてトラブルを防ぐには慎重に契約することが効果的です。

ここでは、ファクタリングでトラブルを未然に防ぐためのチェックポイントを解説します。

①手数料の相場を確認する

契約する際に、真っ先に確認するべきはやはり手数料の条件です。

ファクタリングは手数料が高額になりがちな金融サービスです。特に売掛先に通知せずに使えることで人気の「2社間ファクタリング」の場合は、手数料が売掛金額の5%〜30%にもなります。

手数料の表示が年率なのか月率なのか、売掛金に対する割合なのかは最低限チェックしてください

 
手数料が少し違うだけで数十万円、数百万円といったお金を失うことがあるのですから、絶対に気を抜けません。
関連記事

ファクタリングの手数料は非常に高額になりがちです。手数料や掛目を理解していないと、無駄なコストを支払うことになります。一方で、きちんと仕組みを理解しておけば、かなりの割合でコストを抑えることができます。本記事では「【ファクタ[…]

【ファクタリングの手数料】

②ファクタリング会社からの請求内訳を確認する

悪質な業者は、よくわからない名目の手数料を請求書に忍ばせることがあります。一方、優良業者であれば手数料の請求内訳をわかりやすく説明してくれます

請求内訳に記載されているファクタリングの手数料は、事務手数料や登記手数料など全ての必要な費用を合算した「実質的な手数料率」でチェックしなければなりません。

疑問に感じた点は遠慮なく質問し、納得できる説明がなければ契約は中止しましょう。

③契約書は丁寧にチェックする

契約書というのは、日常使わない言葉ばかりで読みにくいものです。

早急に資金が必要な状況では、あなたが普段冷静な人だとしても、焦る気持ちが抑えられないかもしれません。

しかし契約書を取り交わしてしまえば、そこには法的拘束力が生じます。

内容をもらさず一言一句、すべてチェックするようにしましょう。

悪質な業者の場合、一読では意味がわからない契約条件を盛り込んだり、必要な項目が記載されていないことがあります。

④契約書は1通は手元に保管する

契約時には、原則としてファクタリング会社とあなたとで各一通ずつ契約書を取り交わします。

相手側にだけ契約書があるのでは、契約内容を変え放題です。

なにかと理由をつけて契約書の取り交わしを拒まれる場合は、絶対契約してはいけません

「これは仮契約だから」といって契約書を取り交わさないというのは悪質業者がよく使う手法なので、この言葉がでたら契約はしてはいけません。

ファクタリングの契約後にすること

【契約】

資金が手に入るということで安心してしまうかもしれませんが、ファクタリングは契約後も気を抜いてはいけません。

ここでは、ファクタリング契約後に必要な次のような手続きを確認しましょう。

①入金の確認

あなたが指定した口座に、指定日までに振り込まているか、その当日中にチェックしましょう。

振込金額は契約通りですか?

不審な点が見つかったら、すぐにファクタリング会社に連絡しましょう。

②ファクタリング会社への支払い

2社間ファクタリングでは、売掛金の回収は通常通り利用者側で行います。回収した売掛金は、指定日時までにファクタリング業者へと送金して下さい。

関連記事

本記事では「【ファクタリング後の支払い】支払い期日と支払い方法を解説」について書きます。ファクタリングの支払い期日ファクタリングの支払い期日は、2社間ファクタリングか3社間ファクタリングかで、次のような違いがあります。[…]

【ファクタリングの支払い】

③債権譲渡登記の抹消

2社間ファクタリングで「債権譲渡登記」を実施した場合は、取引終了後に抹消登記をしなければなりません。

手数料は数千円なので、忘れずに手続きしましょう。

関連記事

ファクタリングを活用する際には、基本的に「債権譲渡登記」が必要とされます。しかし、「債権譲渡登記って何?」という方は、少なくないでしょう。本記事では「【ファクタリングの債権譲渡登記】メリット・デメリットを解説」について書きます。[…]

【ファクタリングと債権譲渡登記】

ファクタリングの契約解除

【契約解除】

ファクタリングの利用は正式な契約手続きです。

一旦締結してしまえば、利用者側から契約解除をすることは難しく、契約書の内容通りに履行する必要があります。

ただし詐欺や脅迫があって契約した場合には話は別です

その場合は民法上の取消権を行使できます。

著しく不当な契約を結んだ場合は、すぐに信頼できる機関に相談しましょう。

無用なトラブルを避けるためにも、ファクタリング会社選びは慎重にしましょう。

ファクタリング契約とヤミ金への対応

アイキャッチ

相手がヤミ金であったとしても、順調に支払いできているうちは問題ありません。もちろん法外な手数料をとられてしまうのはツライですが、契約通り履行できるならそれ以上の問題はないでしょう。

しかし限界がきて支払いが滞ると相手の嫌がらせがはじまります。

そういった場合は、どうすればいいでしょうか?

自力での対処はNG

まずオススメできないですが、自力で対策する方法です。

前提としてヤミ金は手段を選びません。思いつく限りの嫌がらせをされることになります。はっきり言ってヤミ金との交渉はいっさい無駄です。相手はあなたの事情など考慮しません。

まずは法律事務所への相談を

まずはすぐに専門家である法律事務所への相談をしましょう

相談だけならば無料の場合が多いです。対応を依頼する場合でも、1社5万円くらいが相場になっているので、ヤミ金にかかわってしまったならば、迷わず相談するのが正しい選択です。

\悩まずにすぐに相談する/
弁護士法人イストワール法律事務所

まとめ

本記事では、「【ファクタリングの契約】流れと注意点・冒しやすい失敗例も解説」について書きました。

いろんな手順があって、注意点も多いので面倒に感じた人が多いでしょう。でも一度経験してしまえば、そんなに難しい手続きではないので安心してください。

なにより大切なのは、信頼できるファクタリング会社を見つけることです。優良なファクタリング会社を選びさえすれば、安心して契約を進められます。

当サイトでは、自信を持ってオススメできる優良なファクタリング会社を厳選して紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事

ファクタリングは入金前の請求書(売掛債権)を売却して、早期に資金調達ができる金融サービスです。売掛金の支払いサイトを短縮することで、資金繰りを改善する効果が期待できますが、手数料が高いというデメリットもあるため、利用には注意も必要[…]

最短即日対応ファクタリング会社

法人・個人事業主の方で、いますぐ確実かつ低コストで資金調達を成功させたい方は、必ず2社以上のファクタリング会社に相見積もりを依頼しましょう

中でもオンライン完結で資金調達ができる

  1. QuQuMo online 売掛金前払いサービス
  2. 株式会社ネクストワン
  3. PayToday AIファクタリング

は、申込みもカンタンで手数料もリーズナブルなので、非常にオススメです。  

\まずは無料見積りを依頼する/
※見積もり結果に納得いかなければキャンセルOK
\今すぐ無料査定を依頼する/
どんな業種にも100%対応してくれます
\今すぐ無料見積りする/
※見積もり結果に納得がいかなければキャンセルOK!
【ファクタリング契約の流れと注意点】
最新情報をチェックしよう!