【ファクタリングの審査】通過率を上げるテクニックも解説

【ファクタリングの審査】

ファクタリングでは、銀行融資とは違うポイントが重視されます。

審査通過率をあげるために、どこが重視されるのか知っておきましょう。

本記事では「【ファクタリングの審査】通過率を上げるテクニックも解説」について書きます。

融資では会社の経営状況が最重要

【お金】

銀行融資の場合、前年度が赤字決算であれば、審査は厳しくなります。

これは銀行融資で重要視されるのが、あなたの事業の経営状況だからです。

創業間もない会社や、売上増加のための設備投資目的の場合は、例外的に審査が通ることもあります。

ただし、事業計画書などの提出が必要となり、手続きは煩雑になりがちです。

ファクタリングでは債権の信頼性が最重要

【チェックマーク】

一方、ファクタリング会社が審査でチェックするのは、主に以下の3点です。

  • 取引先の信頼性
  • 売掛債権の存在
  • 取引の反復性

銀行融資は、あなたの事業が破綻すれば、資金の回収が不可能になります。

しかしファクタリングの場合は、あなたの事業が破綻したとしても、売掛債権が取引先から回収できれば、ファクタリング会社は損をしません。

よって、あなたの事業が赤字決算でも、ファクタリングなら利用できることがあります。

その他、審査時のチェックポイント

【ミーティング】

事業主の人柄

ファクタリングの審査では、面談も重要なウエイトを占めます。ここで見られるのは、あなた自身の人柄、誠実さです。

身だしなみや言葉遣いなど、一般的にビジネスシーンで求められる対応を心がけましょう。

書類の質

書類の質にも、あなたの人柄は現れます。

書類がキチンと揃っているか、適当ななぐり書きの書類はないかなども見られていると思って、丁寧に準備しましょう。

このような場合は黒字でも不可

【情報】アイキャッチ

エビデンスが不十分

買取不可になる一番の原因が、証拠書類(エビデンス)の欠損です

エビデンスとは、具体的には「請求書」「契約書」「過去の入金履歴(通帳等)」などです。

こういった証拠書類は、通常の契約であれば完備しているはずです。日頃から、口約束や過去からの付き合いでおざなりにならないよう、注意しましょう。

個人相手の債権

個人(個人事業主)相手の売掛債権は、信頼性判断をし難いことと、焦げ付きの際に深追いできないことから、買取不可の場合がほとんどです。

取引先の信用不安

売掛金を回収できるかは、取引先の経営状況次第です。

そのため、取引先の経営状況が苦しく、債権の回収が難しいと判断された場合は、審査でNGとなることがあります。

設立まもなく、取引歴が少ない

ファクタリングでは、取引の反復性も重要です。

定期的に繰り返される取引ほど、プラスに評価される材料になります。

ファクタリングの申込みに必要となる書類

【グラフ】

一般的に、ファクタリングで必要とされる書類には、以下のようなものがあります。(ファクタリング会社によって、必要とされる書類は異なります)

売掛金証明書類

最重要視される書類です。

以下のような、売掛金の存在を証明する書類を用意します。複数あると確実です。

  • 契約書
  • 発注書
  • 検収書
  • 請求書
  • 通帳コピー

法人・事業の説明資料

あなたの事業を説明するための資料です。ホームページがあれば、それを印刷したもので問題ありません。

会社の事業内容、規模、運営年数などが主なチェックポイントになります。

過去の決算書、または青色申告書のコピー

決算書は、直近3期分提出が基本です。事業歴が浅い場合は、ファクタリング会社に相談してください。

決算内容が赤字でも、問題とされないことが多いです。

資金繰り表や銀行口座

ファクタリングを実行することで、事業継続が可能かどうかも審査されます。

多少の債務超過は問題ありませんが、回収目処が立たない場合、審査は厳しくなる可能性があります。

税金・社会保険関係書類

納税証明書、領収書、納付済証などです。

多少の遅滞は問題視されないことがほとんどですが、債権の差押が発生しないかがポイントです。

まとめ

本記事では「【ファクタリングの審査】通過率を上げるテクニックも解説」について書きました。

ファクタリングで重視されるのは、売掛金が確実に回収できるかどうかです。

また必要書類は、ファクタリング会社によって要求される書類が異なります。まずは、ファクタリング会社に問い合わせするのが一番早いです。

事業主の人柄や、用意する書類の質が審査に影響すると思って、丁寧な対応をお忘れなく。