MENU
「給料ファクタリング」は扱っておりません。

ファクタリングの審査基準と審査通過のポイント

審査

ファクタリングの審査って、どんなことをチェックされるの?

どうしたら、ファクタリングの審査を通過できるの?

ファクタリング』は、スピーディーに資金調達ができることから、近年注目を集めています。

そもそもファクタリングってどんなもの?という方は、以下の記事をご覧ください。

この記事を読んでいる方は、ファクタリングを利用したいと思っている方も多いでしょう。

しかし、ファクタリングにも一定の審査があり、誰でも必ず利用できるわけではありません。

そこで今回は『ファクタリングの審査』について、審査基準や審査を通過しやすくする方法を説明します。

この記事でわかること
  • ファクタリングの審査基準はどんなもの?
  • ファクタリングの審査通過のコツ
目次

おすすめファクタリング会社比較

スクロールできます
24時間365日営業24時間365日営業
ラボル
ラボル
ququmo
ククモ
アクセルファクター
アクセルファクター
日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業
金融サポート機構
ファクタリングのTRY
TRY
ベストファクター
ベストファクター
アウル経済
アウル経済
手数料10%1%~14.82%~20%1.5%~103%~2%~20%1%~10%
入金対応最短即日最短即日最短即日最短即日最短即日最短即日最短即日
買取可能額1万~
制限なし30万~
1億
制限なし10万~
9,000万
30万~
1億
10万~
1億
創業2021201720182017年20182017年1997
個人事業主
オンライン完結
登記の留保
評判・口コミ紹介記事へ紹介記事へ紹介記事へ紹介記事へ紹介記事へ紹介記事へ紹介記事へ
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

ファクタリングの審査基準

ファクタリングを利用するには、ファクタリング会社の審査を通過する必要があります。

ファクタリング会社は審査によって取引のリスクをはかり、手数料やファクタリングの利用可否を決定しています。

では、ファクタリングの審査基準とはどういうものでしょうか?

ファクタリングの審査基準
  • 売掛先の信用力
  • 売掛金の支払い期日
  • 不正な契約ではないか?
  • 利用者の信頼性

売掛先の信用力

まずは売掛先の信用力が最重要視されます。

「信用力」とは、要するに売掛先には十分な支払い能力があるか?ということです。

売掛先の企業が赤字決算や債務超過の場合、ファクタリング会社のリスクが高くなるため手数料が高くなったり、審査NGになったりする可能性が高いです。

売掛先が上場企業や公的機関であれば、資金の回収見込みが高いことから、審査を通過しやすいと言えます。

売掛金の支払い期日

ファクタリングの審査では、売掛金の支払い期日までの日数が短いほうが審査を通過しやすい傾向があります。

これは、長期の支払いサイクルの債権ほど回収できないリスクが高くなるからで、一般的には2ヶ月以内を基準に、それ以上長い期間になると、ファクタリング会社側も慎重になります。

不正な契約ではないか?

ファクタリングの審査では、利用者と売掛先に継続して取引があるかも確認されます。

これは、架空の売掛先をでっち上げたり売掛先と共謀して架空の売掛債権を作ったりして、ファクタリング会社からお金を騙し取ることを防ぐためです。

また、売掛債権の額面と利用者の経営規模に矛盾がないかといった点も審査対象です。

利用者の信頼性

ファクタリング会社は、売掛先と同じくらい利用者の信頼性も重視しています。

一般的にファクタリングでは利用者側の経営状態が悪く、赤字や税金滞納などがあっても利用できるとされています。

しかし、利用者が信頼できる人物であるかという点は、しっかり見られています。

難しく考えすぎる必要はありませんが、審査に必要な書類を迅速に提出したり、不備が無いようにチェックしたりと、当たり前のことを丁寧に対応することを心がけてください。

ファクタリングの審査を通過するのためのポイント

ここでは、ファクタリングの審査に通りやすくなるためのポイントを見ていきましょう。

  • エビデンス(証拠書類)を確保する
  • 信用度の高い売掛債権を利用する
  • 支払日が近い債権を利用する
  • 利用実績を重ねる

エビデンス(証拠書類)を確保する

ファクタリングの審査で買取不可になる一番の原因がエビデンス(証拠書類)の欠損です。

エビデンスとは具体的には請求書や契約書、過去の入金履歴などのことです。

これらは通常の契約であれば完備してあるはずなので、日頃から注意しておくだけでファクタリング利用時には大きな差になります。

ファクタリングの必要書類については、以下の記事をご覧ください。

信用度の高い売掛債権を利用する

ファクタリングでは売掛先の信用が第一に重要視されます。

そこで、ファクタリングに利用する売掛債権は、上場企業や公的機関といった社会的信用度の高いものを利用すると良いでしょう。

中小企業宛の売掛債権ではNGというわけではありませんが、できる限り経営状態が良い取引先の売掛債権を選んでください。

なお個人相手の債権は信頼性判断をし難く、焦げ付きの際に深追いできないため、買取不可の場合がほとんどですので、売却する債権は法人向けのものを利用しましょう。

またファクタリングでは取引の反復性も重要です。

定期的に繰り返される取引ほど、信用度が高くプラスに評価される材料になります。

支払日が近い債権を利用する

上でも書いたように、ファクタリングの審査では、売掛金の支払日までの日数が短い債権のほうが審査を通過しやすいです。

基本的には、支払日まで2ヶ月以内であることが目安になります。

利用実績を重ねる

ファクタリング会社との間に信頼関係を築くことで、審査通過率があがるだけでなく、手数料等の契約条件が良くなる可能性があります。

信頼関係を築くためには、「ファクタリングを利用して契約通り返済する」というサイクルを回すことが大切です。

まとめ:まずは審査にチャレンジ

ファクタリングの審査基準と審査通過のポイント」について書きました。

ファクタリングは他の資金調達方法と審査基準が異なるため、銀行融資などが利用できない場合でも、ファクタリングの審査には果敢にチャレンジするべきです。

またファクタリングの利用時には、ファクタリング会社2~3社に審査を依頼するのが基本です。

複数社で審査を受けることで、審査通過の確率があがるだけでなく、手数料等のコストを下げる効果もあります。

まずは気になる2~3社を選んで、審査にチャレンジしてみてください。

ファクタリング会社に一括見積りを依頼できるサービスもありますので、資金調達を急いでいるときは利用してみると良いでしょう。

目次