アイフルビジネスファイナンスで資金調達|評判・メリット・デメリットを解説

アイフルビジネスファイナンス EC
本記事では「アイフルビジネスファイナンスで資金調達|評判・メリット・デメリットを解説」について解説します。

「アイフルビジネスファイナンス」とは?

アイフルビジネスファイナンス

アイフルビジネスファイナンス株式会社が運営しているアイフルビジネスファイナンス「事業者向けローン」は、法人・個人事業主向けのビジネスローンです。

アイフルビジネスファイナンスの特徴は

  1. 保証人・担保は原則不要
  2. 最短即日で1,000万円まで融資可能
  3. 事業用途ならば使途自由
  4. 年会費・保証料も無料
  5. 来店不要での手続きもOK!

というものです。

比較的、低金利ですばやく事業資金調達ができることから、急な資金需要時にとても助かるサービスです。

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンは、オンラインで申し込みOK。

過去に赤字決算があっても現在の状況を加味した審査が期待できます。まずは以下のボタンをタップして、仮審査を申し込んでみてください

\申込みはこちらから/
個人事業主にもオススメのビジネスローン

商品概要

項目内容
商品名ビジネスローン
対象法人・個人事業主
使途事業資金
資金化スピード
(最短)
即日
借入限度額50〜1,000万円
個人事業主の利用
借入利率実質年率3.1%~18.0%
遅延損害金実質年率20.00%
担保不要
保証人不要
※法人の場合は代表者が原則連帯保証
返済方式元利均等返済:最長5年(60回以内)
元金一括返済:最長1年(12回以内)
必要書類●法人のお客様
代表者ご本人様を確認する書類、決算書 ※その他必要に応じた書類
●個人事業主のお客様
ご本人様を確認する書類、確定申告書、当社所定の事業内容確認書 ※その他必要に応じた書類
契約費用なし
その他費用印紙代 (実費)

アイフルビジネスファイナンス株式会社

アイフルビジネスファイナンスは、2020年7月にビジネクストから社名変更して誕生した会社です。「アイフル」の名を入れることで利用者からの親近感・信頼が高まりました。

社名変更後も基本的な事業内容に変更はありません。法人や個人事業主を対象とした事業融資を主たる事業としています。

項目内容
会社名アイフルビジネスファイナンス株式会社
代表者名吾妻 弘
所在地東京都港区芝2丁目31-19
電話番号新規申込専用:0120-290-051
取引中のお客様:0570-012055
設立平成13年1月18日
事業内容事業者金融業
取引銀行
営業時間9:30〜18:00
対応エリア全国
特記事項関東財務局長(7)第01262号/日本貸金業協会会員 第001208号

「アイフルビジネスファイナンス」のメリット・注目ポイント

保証人・担保は原則不要

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンは、満20~69歳の法人経営者と個人事業主を融資の対象としています。

個人事業主の場合、無担保かつ、その他保証人を立てる必要もありません

※ただし法人の場合は、原則として代表者が連帯保証人になる必要があります。

最短即日で1,000万円まで融資可能

ビジネスローンのメリットは、融資までのスピードが速いことにあります。

アイフルビジネスファイナンスは、最大1,000万円までの資金を最短即日融資も可能です(新規申込は500万円が上限)。

 
ただし、即日融資は申し込み時間帯によっては対応できないことがありますので、早め早めに行動しましょう。

無担保で最大1,000万円まで融資が受けられるのは、事業者にとって大きなメリットです。一時的なつなぎ資金や事業の立て直しなど、幅広い目的に活用できます。

事業用途ならば使途自由

ビジネスローンですので、以下のような事業資金の範囲内であれば、自由に利用できます

  • 運転資金
  • つなぎ資金
  • 起業資金
  • 設備投資
  • 仕入資金
  • 従業員の給与支払い資金
  • 納税資金など

一方で、アイフルビジネスファイナンスはプライベートのために使うことができません。

 
プライベート資金を必要としているときは、個人でフリーローンやカードローンに申し込むとよいでしょう。

年会費・保証料も無料

アイフルビジネスファイナンスでは、年会費や保証料等は必要ありません

限度額以内であれば事業資金として、必要な時に必要なだけ利用できます。

来店不要での手続きもOK!

契約の手段として来店・郵送・訪問の3通りが用意されているので、来店が難しい場合でも郵送で手続きを完了することができます

また、借り入れ・返済時も来店不要。お近くの銀行・ATM/CD等で手続きをすることができます。

「アイフルビジネスファイナンス」のデメリット・利用時の注意点

業歴1年未満だと利用できない

業歴1年以上で決算書もしくは確定申告書をご提出いただければ審査は可能です。なお、開業前の資金としてのお取扱はいたしておりません。

https://www.aiful-bf.co.jp/faq/

上記の通り、決算書もしくは確定申告書が必要ですので、業歴1年未満の方や開業前の資金としては利用することはできません

ビジネスローンの追加融資や増額はできない

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンは、契約時に1度きり一括の借入となるため、追加融資や増額はできません。

※カードローン契約なら、増額は可能です。

「アイフルビジネスファイナンス」の利用手順

アイフルビジネスファイナンス利用手順

ここではアイフルビジネスファイナンスの申込みの流れを紹介します。

  1. オンラインで申し込み
  2. 仮審査結果の連絡
  3. 審査に必要な書類をメール/FAX/郵送のいずれかで提出する
  4. 本審査の結果を受け取る
  5. 契約・融資実行

STEP1 オンラインで申し込み

以下のリンクから、アイフルビジネスファイナンスのサイトをひらき、「オンラインでお申し込み」ボタンから、申込みフォームを表示してください。

\申込みはこちらから/
個人事業主にもオススメのビジネスローン

フォームに「申込者」「連絡先」「経営会社情報」を入力して、仮審査の申込みをします。

STEP2 仮審査結果の連絡

申し込み内容から仮審査が行われ、結果の連絡があります。

仮審査を通過した場合は、本審査に必要な書類等を伝えられますので、準備しましょう。

STEP3 審査に必要な書類をメール/FAX/郵送のいずれかで提出する

本審査に必要な書類を提出します。

以下のような書類が必要になります(法人の場合)。

  • 代表者の本人確認書類
  • 登記事項証明書(商業登記簿謄本)
  • 決算書原則2期分

即日で資金調達をしたい場合は、メールまたはFAXで午前中には書類を提出するようにしましょう。

STEP4 本審査の結果を受け取る

本審査では、返済能力があるかが確認されます

アイフルビジネスファイナンスは、過去に赤字決算がある場合でも、現在の状況を加味し審査を行ってくれるようです。

 
具体的な審査基準・内容は非公開ですが、柔軟な審査を期待できるでしょう。

STEP5 契約・融資実行

審査OKならば、契約・取引スタートとなります。

即日融資を希望する場合は、店頭窓口へ行き直接契約締結をするのが確実です。

借り入れの際には、きちんとした返済計画をたてましょう

「アイフルビジネスファイナンス」はこんな人にオススメ!

急いで資金が必要な方にオススメ

アイフルビジネスファイナンスは、最短即日振込みも可能です。

急な資金調達が必要になった際には、ぜひ利用を検討してみてください。

まとめ

本記事では「アイフルビジネスファイナンスで資金調達|評判・メリット・デメリットを解説」について解説しました。

アイフルビジネスファイナンスの注目ポイントは次のとおりです。

  1. 保証人・担保は原則不要
  2. 最短即日で1,000万円まで融資可能
  3. 事業用途ならば使途自由
  4. 年会費・保証料も無料
  5. 来店不要での手続きもOK!

特に銀行融資を受けにくい個人事業主の方にとっては、無担保・無保証で最短即日融資ができることは大きなメリットです。事業資金調達に悩んでいる人は、ぜひアイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」を利用してみてください。

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンは、オンラインで申し込みOK。

過去に赤字決算があっても現在の状況を加味した審査が期待できます。まずは以下のボタンをタップして、仮審査を申し込んでみてください

\申込みはこちらから/
個人事業主にもオススメのビジネスローン

法人・個人事業主の方で、いますぐ確実かつ低コストで資金調達を成功させたい方は、必ず2社以上のファクタリング会社に相見積もりを依頼しましょう

中でもオンライン完結で資金調達ができる

  1. QuQuMo online 売掛金前払いサービス
  2. PayToday AIファクタリング
  3. 株式会社ネクストワン

は、申込みもカンタンで手数料もリーズナブルなので、非常にオススメ。  

\さらに詳しくはこちらから/
※見積もり無料!手数料は1%〜と最安水準
\さらに詳しくはこちら/
見積り無料!最短3時間で審査完了
\さらに詳しくはこちら/
1分で簡単査定!最短翌日資金化
アイフルビジネスファイナンス EC
最新情報をチェックしよう!