オンラインファクタリングでいますぐ資金調達⇢ CLICK

電子記録債権(でんさい)とファクタリングの違いは?使い分けも解説

「電子記録債権(でんさい)」と「ファクタリング」は売掛債権を早期資金化できる点を代表に、共通点が多く、混乱を招きやすい仕組みです。

この記事では、そんな「でんさい」と「ファクタリング」の違い、使い分けについて解説します。

目次

「でんさい」とは?

でんさいとは?

でんさいとは「電子記録債権」の総称です。

資金調達スタート

要するに、従来使われていた手形や売掛債権を電子化したものです。

「でんさい」の取引

STEP
でんさいの発生

金融機関を通じて「でんさいネット」の記録原簿に発生記録を行うことで、でんさいが発生します。

STEP
でんさいの譲渡

でんさいの譲渡は、でんさいネット上で「譲渡記録」を行うことで、譲渡が完了します。

STEP
でんさいの決済

支払期日に、支払元企業の口座から支払先企業の口座に払込が行われます。

支払い完了後に、でんさいネット上で「支払等記録」が行われ、決済完了です。

「でんさい」のメリット

メリット

電子化して取引することにどのようなメリットがあるのでしょうか?

まず、従来の取引は「紙ベース」で行われていました。

紙で取引する場合、以下のようなデメリットがあります。

  • 紛失や盗難のリスクがある
  • 管理が難しい
  • 印紙税の対象になるためコストがかかる

一方で、でんさいは銀行や信用金庫などの金融機関のシステムである「でんさいネット」を通じて管理されています。

でんさいのメリットは以下の通りです。

  • スマホ・PCがあればいつでもどこでも確認・取引できる
  • 債権を分割して譲渡することもできる
  • 紛失や盗難のリスクがなくなる
  • 管理が簡単
  • 印紙税が不要なので、コストカットにつながる

このように、従来の紙ベースの債権取引のデメリットを解消してくれるのが、「でんさい」という仕組みです。

「でんさい」のデメリット

デメリット
  • 会計システムの変更が必要で、会計が複雑化する
  • 貸し倒れによる支払いリスクがある

特に重要なのが貸し倒れによる支払いリスクです。

債務者が支払不能となった場合、でんさいの譲渡では元の債権者に支払義務が生じます。

資金調達スタート

この場合、債権者が保証人になるためです。

万が一、取引先が不渡りを出した際に、キャッシュフローが不足したタイミングであれば、黒字倒産ということもありえるのです。

「でんさい」とファクタリングの共通点

でんさい(電子記録債権)は、全銀電子債権ネットワーク「でんさいネット」に加入することで利用できる、電子データを使って記録した債権です。

一方、ファクタリングは債権を利用した資金調達手段です。

でんさいとファクタリングは共通点も多く、混乱を招きやすい仕組みです。

代表的な共通点としては以下のものが挙げられます。

  • 売掛債権を譲渡し、早期資金化ができる
  • システムで売掛債権の譲渡を処理できる
資金調達スタート

ファクタリングでもオンライン完結で手続きができる「オンラインファクタリング」サービスが急速に普及しています。

「でんさい」とファクタリングの違い

質問

ここでは、でんさいとファクタリングの違いを詳しくみてみましょう。

「でんさい」には貸し倒れによる支払いリスクがある

上述したように、でんさいの譲渡では、債務者が支払不能となった場合に元の債権者に支払義務が生じます。

一方で、ファクタリングではファクタリング利用者(債権者)ではなく、ファクタリング会社側が責任を負うノンリコース契約が一般的です。

資金調達スタート

貸し倒れリスクがなく、安心して利用できるのがファクタリングといえます。

「ファクタリング」は契約締結に手間がかかる

でんさいの場合、1,300以上ある金融機関のうち共通の口座があれば、契約締結はスムーズです。

資金調達スタート

共通のシステムを利用するので、取引先が増えても新たに口座を作る必要はありません。

一方のファクタリングでは、取引のたびに新しい契約を締結しますので、多くの業者と取引するのには不向きです。

でんさいとファクタリングの使い分け

でんさいとファクタリングの特徴を踏まえると、以下のような使い分けが最適と言えるでしょう

「でんさい」は会計処理の変更に対応できる企業向き

でんさいを利用するには、従来利用してきた会計システムの変更を必要とします。

導入後は、電子記録債権・電子記録債務などの勘定項目を使う必要があり、会計の複雑化につながります。

会計ソフトの導入ができる企業や、会計処理に強い企業であれば、でんさいのメリットを十分に享受できるでしょう。

「ファクタリング」は審査通過率を重視したい企業向き

ファクタリングは、利用者ではなく売掛先の信用度が重要になります。

そのため、資金調達手段としては銀行融資よりもハードルが低く、赤字決算や税金・社会保険の滞納など経営状態が悪い企業でも審査に通る可能性があります。

よって、経営状態が悪いときや、簡単に資金調達を行いたいときにはファクタリングがオススメです。

まとめ

本記事では「電子記録債権(でんさい)とファクタリングの違いは?使い分けも解説」について解説しました。

でんさいのメリット・デメリットをまとめます。

でんさいのメリット
でんさいのデメリット
  • スマホ・PCがあればいつでもどこでも確認・取引できる
  • 債権を分割して譲渡することもできる
  • 紛失や盗難のリスクがなくなる
  • 管理が簡単
  • 印紙税が不要なので、コストカットにつながる
  • 会計システムの変更が必要で、会計が複雑化する
  • 貸し倒れによる支払いリスクがある

特に重要な点は、貸し倒れによる支払いリスクがある点です。

一方のファクタリングには、貸し倒れによる支払いリスクがありません

いずれの方法にもメリット・デメリットがありますが、売掛債権を早期資金化できる点は共通しています。

それぞれの違いを理解して、最適なサービスを選択してください。

よかったらシェアしてね!

いますぐ資金調達したい方へ

いますぐ確実かつ低コストで資金調達を成功させたい方は、必ず2社以上のファクタリング会社に相見積もりを依頼しましょう

中でもオンライン完結で手続きができる

  1. QuQuMo online 売掛金前払いサービス
  2. 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
  3. 株式会社アクセルファクター

は、申込みもカンタンで手数料もリーズナブルなので、非常にオススメです。  

\いますぐ無料見積を依頼する/
※見積もり結果に納得いかなければキャンセルOKです!

この記事を書いた人

資金調達スタート編集部では、現役経営者目線で、様々な資金調達手法を調査・レビュー。あなたの事業にあわせた資金調達方法を見つけるお手伝いをさせていただいています。

目次
閉じる