MENU

    【大人気】アクセルファクターとペイトナー ファクタリングを徹底比較

    徹底比較 アクセルファクターvsペイトナーファクタリング

    いま、企業経営者や個人事業主の方を中心に「ファクタリング」が注目されていることをご存知ですか?

    ファクタリングとは、利用者がファクタリング会社に売掛債権を売却することで資金調達をする方法です。

    今回は、ファクタリング会社の中でも特に人気・注目度ともに高い「アクセルファクター」と「ペイトナー ファクタリング(旧 yup『先払い』)」を徹底比較して、その魅力に迫ってみたいと思います。

    ファクタリングについて、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

    この記事のまとめ
    • 高額債権を資金化したい方は、アクセルファクターがおすすめ
    • いますぐ資金調達をしたい方には、ペイトナー ファクタリング(旧:yup『先払い』)がおすすめ
    目次

    個人事業主もOK!
    おすすめファクタリング業者一覧

    スクロールできます
    サービス名手数料入金スピード取引可能額仕組み紹介記事
    プロテクトワン
    プロテクトワン
    1.5%最短30分10万円~1億円2社間詳細へ
    ququmo
    ククモ
    114.8最短2時間指定なし2社間詳細へ
    paytoday
    PAYTODAY
    1%9.5%最短45分指定なし2社間詳細へ
    アクセルファクター
    アクセルファクター
    2%~20最短3時間30万円 〜 1億円2・3社間詳細へ
    next one
    ネクストワン
    1.5%~10最短翌日30万円〜2・3社間詳細へ
    日本中小企業金融サポート機構
    日本中小企業金融サポート機構
    1.5%~10最短即日指定なし2・3社間詳細へ
    ベストファクター
    ベストファクター
    2%~20最短即日30万円 〜 3億円2・3社間詳細へ
    ウィット
    株式会社ウィット
    5%〜最短2時間指定なし2・3社間詳細へ
    トップマネジメント
    トップマネジメント
    3.5% 〜 12.5%最短即日30万円〜2・3社間詳細へ
    ビートレーディング
    ビートレーディング
    2%〜20%最短5時間指定なし2・3社間詳細へ

    ↑ロゴを押すと公式サイトで詳細を見られます↑

    アクセルファクターとペイトナー ファクタリング、どちらがおすすめ?

    ここでは、アクセルファクターとペイトナー ファクタリングのサービス内容を比較して、おすすめの使い分け方をみていきましょう。

    アクセルファクターとペイトナー ファクタリングの比較

    まずは、アクセルファクターとペイトナー ファクタリングのサービス内容を比較して一覧してみましたので、こちらをご覧ください。

    スクロールできます
    比較項目アクセルファクターペイトナー ファクタリング
    2社間ファクタリング
    3社間ファクタリング×
    オンラインファクタリング
    個人事業主・フリーランスの利用
    利用可能額30万円 〜 1億1万10万円(初回)
    手数料2%20%一律10%
    入金スピード即日最短60分
    必要書類・請求書または見積書
    ・預金通帳
    ・決算報告書
    ・代表者の身分証明書
    ・代表者と会社の実印
    ・印鑑証明書
    ・請求書
    ・銀行口座
    ・お仕事に関係したURL
    ・本人確認書類
    (免許証など)
    対面での面談不要不要
    営業時間平日9:30~19:00平日10:00〜18:00
    償還請求権なし

    この表から、アクセルファクターとペイトナー ファクタリングは、次のような使い分けがおすすめと言えます。

    1億円以内で大口債権を利用したい人はアクセルファクター

    アクセルファクターは小額債権に強みを持つファクタリング会社ではありますが、最大1億円というまとまった金額の債権買取にも対応しています。

    大口債権の取引をしたい場合は、アクセルファクターを利用しましょう。

    \いますぐ無料査定する/
    ※査定結果に納得がいかなければキャンセルOKです!

    小口債権を素早く資金化したい方はペイトナー ファクタリング

    一方、ペイトナー ファクタリングは、フリーランスや個人事業主に特化したサービスを提供しており、最短60分で審査が完了し、準備に時間がかかる必要書類も少ないため、とにかく急いで資金調達したい方にはペイトナー ファクタリングがおすすめです。

    ただし、初回利用時に資金化できる金額が10万円までなので、それ以上の債権を資金化したい場合は、アクセルファクターを利用しましょう。

    \いますぐ無料ユーザー登録をする/
    ✔ 初期費用・月額費用は無料
    ✔ 1万円から買取・最短即日入金!

    アクセルファクターとペイトナー ファクタリングの概要

    ここでは、アクセルファクターとペイトナー ファクタリングの運営会社についてみていきましょう。

    アクセルファクターは株式会社アクセルファクターが運営

    アクセルファクター
    会社名株式会社アクセルファクター
    代表者名本成 善大
    所在地東京都新宿区高田馬場1丁目30-14 コルティーレ高田馬場1F
    設立2018年8月
    資本金1億3,456万円(ネクステージグループ全体)
    主要取引銀行みずほ銀行
    三井住友銀行
    事業内容ファクタリング事業
    取引形態2社間ファクタリング
    (3社間ファクタリングも対応可)
    手数料2%〜
    取引可能額30万円 〜 1億円
    対応エリア全国
    資金化スピード
    (最短)
    即日
    個人事業主の利用
    営業時間平日9:30〜19:00

    株式会社アクセルファクターは東京、仙台、名古屋に拠点をもつ人気のファクタリング会社です。

    2018年にネクステージグループのファクタリング事業部として設立され、立ち上げて間もないながら、年間相談件数3,000件、買取申込額は290億円を超える確かな実績をもっています。

    アクセルファクターについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

    \いますぐ無料査定する/
    ※査定結果に納得がいかなければキャンセルOKです!

    ペイトナー ファクタリングはペイトナー株式会社が運営

    ペイトナー株式会社ファクタリング
    会社名ペイトナー株式会社
    代表者名阪井 優
    所在地東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3階
    設立2019年2月4日
    事業内容BtoB決済サービスの提供、与信モデルの企画・開発・運営
    取引形態2社間ファクタリング
    手数料10%
    取引可能額1万円以上 〜
    対応エリア全国
    資金化スピード
    (最短)
    即日
    営業時間平日10:00〜18:00
    個人事業主の利用

    ペイトナー ファクタリング(旧:yup『先払い』)は、ペイトナー株式会社(旧:yup株式会社)が運営するフリーランス向けの報酬即日払サービスです。

    ペイトナー株式会社の設立は2019年2月と歴史は浅いものの、三菱UFJ銀行や第一生命など、様々な著名企業と相次いで提携を結んでおり、信頼感も十分の企業です

    ペイトナー株式会社について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

    \いますぐ無料ユーザー登録をする/
    ✔ 初期費用・月額費用は無料
    ✔ 1万円から買取・最短即日入金!

    アクセルファクターとペイトナー ファクタリングを徹底比較

    それではアクセルファクターとペイトナー ファクタリングのサービスを徹底的に比較していきましょう。

    アクセルファクターは2社間・3社間ファクタリングともに対応、ペイトナーファクタリングは2社間のみ対応

    アクセルファクターとペイトナー両者が対応している「2社間ファクタリング」とは、利用者とファクタリング会社の2者間で行われるファクタリングのことです。2社間ファクタリングの仕組みは次のようなものです。

    2社間ファクタリング
    2社間ファクタリング

    2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社のみで行われる手続きのため、取引先にファクタリングを利用したことがバレることはありません。

    また、手続きが簡単なため、スピーディにファクタリングを利用することができます。一方で、手数料が高額になりがちな点に注意が必要です。

    続いて、アクセルファクターが対応している「3社間ファクタリング」とは、利用者、ファクタリング会社、取引先との3者間で行われるファクタリングのことです。3社間ファクタリングの仕組みは次のようなものです。

    3社間ファクタリング
    3社間ファクタリング

    3社間ファクタリングでは、取引先を交えて手続きを行うため、契約に時間を要することがありますが、手数料が安く済むというメリットがあります。

    2社間ファクタリングと3社間ファクタリングについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

    100万円以上の債権買取なら、アクセルファクターが有利か?

    アクセルファクターの手数料は、売却する売掛債権の金額により以下のように設定されています。

    売掛債権額ファクタリング手数料
    ~100万円10%~20%
    101~500万円5%~
    501~1,000万円2%~
    1,001万円以上別途ご相談ください。

    一方、ペイトナー ファクタリングは一律10%となっているので、100万円以下の債権であればペイトナー ファクタリングのほうが手数料は安くなる可能性が高いといえます。

    逆に、101万円以上の債権であれば、アクセルファクターのほうが手数料面で有利になる可能性があります。

    このあたりは、実際に相見積もりを取ってみるのがおすすめです

    アクセルファクターとペイトナー ファクタリングともに完全オンラインでの手続きが可能

    アクセルファクター、ペイトナー ファクタリングともに、オンラインでの契約が可能となっています。

    特にペイトナー ファクタリングは、申込みから契約まで一貫してオンライン完結で、非常に気軽にファクタリングを利用できます

    オンラインファクタリングに関しては、以下の記事で詳しく紹介していますので、あわせてご覧ください。

    入金スピードではペイトナー ファクタリングが上回る?

    アクセルファクター最短即日
    ペイトナー ファクタリング最短60分

    ペイトナー ファクタリングは、最短60分で審査が完了し、12時までに審査が完了した場合は即日で支払いが行われます。

    一方のアクセルファクターも利用者の5割が即日資金調達を実現しており、こちらも資金調達スピードは十分といえるでしょう。

    資金調達スピードを重視したい方は、以下の記事でもおすすめのファクタリングサービスを紹介していますので、あわせてご覧ください。

    必要書類の量はペイトナー ファクタリングが少なめ

    アクセルファクター・請求書または見積書
    ・預金通帳
    ・決算報告書
    ・代表者の身分証明書
    ・代表者と会社の実印
    ・印鑑証明書
    ペイトナー ファクタリング・請求書
    ・銀行口座
    ・お仕事に関係したURL
    ・本人確認書類
    (免許証など)

    アクセルファクターのほうが必要書類が多くなっているため、準備に時間がかかるでしょう。

    ペイトナー ファクタリングは、他のファクタリング会社と比べてもかなり少ない書類で申し込みできるため、申請に時間をかけたくない方におすすめです。

    アクセルファクター、ペイトナー ファクタリングともにノンリコース(償還請求権なし)

    償還請求権とは、ファクタリング会社が利用者から買い取った売掛債権が回収できなくなった場合に、利用者に売掛金の請求をする権利のことです。

    償還請求権について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

    アクセルファクターとペイトナー ファクタリングはともに償還請求権なし(ノンリコース)のため、万が一取引先の倒産などで売掛金が回収できなくなっても、利用者に弁済の責任はありません。

    アクセルファクターとペイトナー ファクタリングの比較結果まとめ

    以上の比較結果を再度まとめてみましょう。

    スクロールできます
    比較項目アクセルファクターペイトナー ファクタリング
    2社間ファクタリング
    3社間ファクタリング×
    オンラインファクタリング
    個人事業主・フリーランスの利用
    利用可能額30万円 〜 1億1万10万円(初回)
    手数料2%20%一律10%
    入金スピード即日最短60分
    必要書類・請求書または見積書
    ・預金通帳
    ・決算報告書
    ・代表者の身分証明書
    ・代表者と会社の実印
    ・印鑑証明書
    ・請求書
    ・銀行口座
    ・お仕事に関係したURL
    ・本人確認書類
    (免許証など)
    対面での面談不要不要
    営業時間平日9:30~19:00平日10:00〜18:00
    償還請求権なし

    この結果を元に、おすすめの利用方法は次のようなものです。

    1億円以内で大口債権を利用したい人はアクセルファクター

    アクセルファクターは、小口債権の買取に強みをもつファクタリング会社ですが、1億円までのまとまった債権の売却にも対応しています。

    また、売掛債権額が大きいほど手数料の面で有利になる可能性があるため、大口の債権を売却するならアクセルファクターを選ぶと良いでしょう。

    \いますぐ無料査定する/
    ※査定結果に納得がいかなければキャンセルOKです!

    小口債権を素早く資金化したい方はペイトナー ファクタリング

    ペイトナー ファクタリングは、完全オンラインの手続きで気楽に利用できる点が強みです。最短60分で審査完了して、面倒な必要書類も少ないので、すぐに資金調達を進めたい方にはピッタリのサービスです。

    \いますぐ無料ユーザー登録をする/
    ✔ 初期費用・月額費用は無料
    ✔ 1万円から買取・最短即日入金!

    まとめ

    いかがでしたか?

    この記事では、大人気のファクタリング会社「アクセルファクター」と「ペイトナー ファクタリング(旧:yup『先払い』)」を徹底比較してみました。

    以下、この記事のまとめです。

    この記事のまとめ
    • 高額債権を資金化したい方は、アクセルファクターがおすすめ
    • いますぐ資金調達をしたい方には、ペイトナー ファクタリング(旧:yup『先払い』)がおすすめ
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    【資金調達スタート】は、ファクタリング情報を網羅するウェブメディアです。現役経営者が利用者目線で、ファクタリングサービスを徹底的に調査・レビューし、あなたの要望にあわせたをファクタリング業者を見つけるお手伝いをさせていただきます。

    目次
    閉じる