【freee請求書ファイナンス】ファクタリング会社徹底調査

【freee請求書ファイナンス】
本記事では「【freee請求書ファイナンス】ファクタリング会社徹底調査」について解説します。

「freee請求書ファイナンス」とは?

【freee請求書ファイナンス】

freeeの請求書ファイナンスは、クラウド会計ソフトで有名なfreee(フリー)株式会社の子会社である「フリーファイナンスラボ株式会社」が提供するファクタリングサービスです。

OLTAクラウドファクタリングをベースに、会計ソフトのfreeeに入力された情報を元にして、ファクタリングの手続きを行うことができます。

項目内容
会社名フリーファイナンスラボ株式会社
代表者名武地 健太
所在地東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 6F
設立2018年10月
事業内容請求書ファイナンス
金融事業
取引形態2社間ファクタリング
手数料2% 〜 9%
取引可能額
対応エリア全国
資金化スピード
(最短)
翌日
個人事業主の利用
特記事項・クラウド会計のfreee株式会社の100%子会社
・オンラインですべて完結
・OLTAのクラウドファクタリングがベース

「freee請求書ファイナンス」のメリット・注目ポイント

【注目ポイント】

①クラウド会計のfreeeと連動

利用方法は、日々の会計処理を、クラウド会計ソフトのfreeeに入力していくだけでOK。

条件を満たした債権があれば、自動的にfreee側からファクタリング利用のオファーが提示されます。

②手数料は2%〜9%

freee請求書ファイナンスなら、OLTAのクラウドファクタリング同様に2%〜9%と、2社間ファクタリングとしては比較的リーズナブルな手数料で利用できます。

③個人事業主も利用できる

個人事業主は、信用面で法人に劣るとされがちです。そのため、大手ファクタリング会社などでは、個人事業主は利用できないことがあります。

その点、freee請求書ファイナンスは、個人事業主も利用できます。

「freee請求書ファイナンス」のデメリット・利用時の注意点

【利用時の注意点】

①クラウド会計freeeの利用が前提

クラウド会計freeeを利用していることが前提になります。

そのため、他の会計ソフトを利用している場合には利用できません。

②freee側からのオファーが必須

会計処理をベースにfreee側からオファーが提示され、審査を申し込む形なので、オファーが無いと利用できません。

「freee請求書ファイナンス」との相性

【相性をチェック】

freee利用者なら利用をオススメ

freee利用者なら、ファクタリング利用時の第一候補としてオススメです。

まとめ

本記事では「【freee請求書ファイナンス】ファクタリング会社徹底調査」について解説しました。

クラウド会計ソフトfreeeのユーザーならば、ファクタリング時の第一候補に挙げられるサービスです。