MENU

    freee請求書ファイナンスで資金調達|ファクタリング会社徹底調査

    【freee請求書ファイナンス】

    ファクタリングとは入金待ちの請求書(売掛債権)をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、決済日より早く現金化ができるサービスです。

    銀行融資よりも簡単で素早く資金調達できることから、法人・個人事業主、フリーランスの方まで利用者が急増しています。

    本記事では「freee請求書ファイナンスで資金調達|ファクタリング会社徹底調査」について解説します。

    目次

    個人事業主もOK!
    おすすめファクタリング業者一覧

    スクロールできます
    サービス名手数料入金スピード取引可能額仕組み紹介記事
    プロテクトワン
    プロテクトワン
    1.5%最短30分10万円~1億円2社間詳細へ
    ququmo
    ククモ
    114.8最短2時間指定なし2社間詳細へ
    paytoday
    PAYTODAY
    1%9.5%最短45分指定なし2社間詳細へ
    アクセルファクター
    アクセルファクター
    2%~20最短3時間30万円 〜 1億円2・3社間詳細へ
    next one
    ネクストワン
    1.5%~10最短翌日30万円〜2・3社間詳細へ
    日本中小企業金融サポート機構
    日本中小企業金融サポート機構
    1.5%~10最短即日指定なし2・3社間詳細へ
    ベストファクター
    ベストファクター
    2%~20最短即日30万円 〜 3億円2・3社間詳細へ
    ウィット
    株式会社ウィット
    5%〜最短2時間指定なし2・3社間詳細へ
    トップマネジメント
    トップマネジメント
    3.5% 〜 12.5%最短即日30万円〜2・3社間詳細へ
    ビートレーディング
    ビートレーディング
    2%〜20%最短5時間指定なし2・3社間詳細へ

    ↑ロゴを押すと公式サイトで詳細を見られます↑

    「freee請求書ファイナンス」とは?

    【freee請求書ファイナンス】

    freeeの請求書ファイナンスは、クラウド会計ソフトで有名なfreee(フリー)株式会社の子会社である「フリーファイナンスラボ株式会社」が提供するファクタリングサービスです。

    OLTAクラウドファクタリングをベースに、クラウド会計freeeに入力された情報を元にして、手軽にファクタリングの手続きを行うことができます。

    freee請求書ファイナンスの特徴は以下の通りです。

    1. クラウド会計freeeと連動でオンライン完結
    2. 取引先の承認不要の2社間ファクタリング対応
    3. 手数料は2%〜9%
    4. 運営会社は東証マザーズ上場企業の100%子会社
    5. 個人事業主も利用できる
    項目内容
    会社名フリーファイナンスラボ株式会社
    代表者名武地 健太
    所在地東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 6F
    設立2018年10月
    事業内容請求書ファイナンス
    金融事業
    取引形態2社間ファクタリング
    手数料2% 〜 9%
    取引可能額
    対応エリア全国
    資金化スピード
    (最短)
    翌日
    個人事業主の利用
    特記事項・クラウド会計のfreee株式会社の100%子会社
    ・オンラインですべて完結
    ・OLTAのクラウドファクタリングがベース

    「freee請求書ファイナンス」のメリット・注目ポイント

    【注目ポイント】

    ①クラウド会計freeeと連動でオンライン完結

    利用方法は、日々の会計処理をクラウド会計freeeに入力していくだけでOKです。

    freeeに登録した財務データ、売掛債権データをもとに、買取可能性の高い売掛債権を自動試算し、あなたにオファーが提示されます。

    資金調達スタート

    手続きはすべてオンライン完結し、面談も不要なので余計な移動時間などは発生しません。

    ②取引先の承認不要の2社間ファクタリング対応

    freee請求書ファイナンスは、2社間ファクタリングに対応しています。

    2社間ファクタリングなら、売掛先(取引先)に知られることなくファクタリングを利用できるため、今後の取引に影響が出ることはありません

    また、2社間での契約は手間が少なく、スピーディーに完結できるため、急いで資金調達を希望する方にもオススメの方法です。

    ③手数料は2%〜9%

    freee請求書ファイナンスなら、OLTAのクラウドファクタリング同様に2%〜9%と、オンライン完結ならではの低コストを実現。

    2社間ファクタリングとしては比較的リーズナブルな手数料で利用できます。

    ④運営会社は東証マザーズ上場企業の100%子会社

    東証マザーズ上場企業freee株式会社の100%子会社「freee finance lab 株式会社」によるサービス提供なので、安心して利用できるでしょう。

    ⑤個人事業主も利用できる

    個人事業主やフリーランスは、売掛債権額が小さいことやエビデンス(請求書などの売掛債権の証明書類)が不十分なこと、信用面で法人に劣るとみられがちなことなどから、大手ファクタリング会社では、条件を下げられてしまったり、利用を断られてしまったりします

    その点、freee請求書ファイナンスは、個人事業主も利用できます。

    「freee請求書ファイナンス」のデメリット・利用時の注意点

    【利用時の注意点】

    ①クラウド会計freeeの利用が前提

    クラウド会計freeeを利用していることが前提になります。

    資金調達スタート

    現状、freeeを利用していない方にはあまりメリットはないかもしれません。

    ②freee側からのオファーが必須

    freee請求書ファイナンスは、他のファクタリングサービスと異なり、会計処理をベースにfreee側から売掛金の買取オファーが提示され、OLTA株式会社へ審査を申し込む形なので、そもそもfreee側からのオファーが無いと利用できません

    オファーを受けるには、以下の条件を満たす必要があります。

    1. 取引先が法人であること
    2. 振り込み期日が入力済みの売掛債権であること
    3. 正しい試算表が登録済みであること

    「freee請求書ファイナンス」の利用手順

    freee請求書ファイナンス
    出典:https://www.freee.co.jp/finance/invoice-finance/ より

    「freee請求書ファイナンス」との相性

    【相性をチェック】

    freee利用者なら利用をオススメ

    クラウド会計freee利用者なら、ファクタリング利用時の第一候補としてオススメです。

    まとめ

    本記事では「freee請求書ファイナンスで資金調達|ファクタリング会社徹底調査」について解説しました。

    freee請求書ファイナンスの特徴は以下の通りです。

    1. クラウド会計freeeと連動でオンライン完結
    2. 取引先の承認不要の2社間ファクタリング対応
    3. 手数料は2%〜9%
    4. 運営会社は東証マザーズ上場企業の100%子会社
    5. 個人事業主も利用できる

    クラウド会計ソフトfreeeのユーザーならば、ファクタリング時の第一候補に挙げられるサービスですが、現状freeeを利用していない方には特別なメリットはあまり無いでしょう。

    以下の記事では、freee請求書ファイナンス同様にオンライン完結で迅速な対応をしてくれるサービスも多く紹介していますので、あわせて検討してみることをオススメします。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    【資金調達スタート】は、ファクタリング情報を網羅するウェブメディアです。現役経営者が利用者目線で、ファクタリングサービスを徹底的に調査・レビューし、あなたの要望にあわせたをファクタリング業者を見つけるお手伝いをさせていただきます。

    目次
    閉じる