MENU

    ファクタリングの不渡りとは?

    ファクタリングの不渡り

    ファクタリングは、銀行融資やカードローンなどに比べてスピーディーに資金調達ができ、自社の経営状況が悪くても資金調達できる方法として、近年注目を集めています。

    しかし、ファクタリングを利用する際は、「不渡り」についてしっかり理解しておく必要があります。

    そこで今回は、「ファクタリングの不渡り」について説明しますのでぜひ参考にしてください。

    この記事のまとめ
    • ファクタリングの不渡りとは、ファクタリング業者に譲渡した売掛債権が現金化されないこと
    • 不渡りが起きた場合でも、基本的に利用者の責任は問われない(ノンリコース契約)
    • 売掛債権の不渡りリスク回避には、保証ファクタリングという手もある
    目次

    個人事業主もOK!
    おすすめファクタリング業者一覧

    スクロールできます
    サービス名手数料入金スピード取引可能額仕組み紹介記事
    プロテクトワン
    プロテクトワン
    1.5%最短30分10万円~1億円2社間詳細へ
    ququmo
    ククモ
    114.8最短2時間指定なし2社間詳細へ
    paytoday
    PAYTODAY
    1%9.5%最短45分指定なし2社間詳細へ
    アクセルファクター
    アクセルファクター
    2%~20最短3時間30万円 〜 1億円2・3社間詳細へ
    next one
    ネクストワン
    1.5%~10最短翌日30万円〜2・3社間詳細へ
    日本中小企業金融サポート機構
    日本中小企業金融サポート機構
    1.5%~10最短即日指定なし2・3社間詳細へ
    ベストファクター
    ベストファクター
    2%~20最短即日30万円 〜 3億円2・3社間詳細へ
    ウィット
    株式会社ウィット
    5%〜最短2時間指定なし2・3社間詳細へ
    トップマネジメント
    トップマネジメント
    3.5% 〜 12.5%最短即日30万円〜2・3社間詳細へ
    ビートレーディング
    ビートレーディング
    2%〜20%最短5時間指定なし2・3社間詳細へ

    ↑ロゴを押すと公式サイトで詳細を見られます↑

    ファクタリングの不渡りとは

    ファクタリングの不渡りとは、取引先の企業が倒産や不渡りを出したために、ファクタリング業者に譲渡した売掛債権が現金化されないことを指します。

    ファクタリング業者から見ると、売掛債権が現金化されないと資金の回収ができないということになりますので大きな損害を負うことになります。

    ファクタリングの不渡りが起きた場合の責任は?

    では、ファクタリングの不渡りが起きた場合、利用者の責任はどのようになるのでしょうか?

    基本的にファクタリング利用者の責任は問われない

    ファクタリングは売掛債権の譲渡が基本になっているので、万が一、譲渡した売掛債権が焦げ付いてしまった場合も、譲渡後の責任はファクタリング利用者は問われないのが一般的です。

    ファクタリングでは償還請求権がないノンリコース契約が基本

    しかしながら、ファクタリング業者によっては売掛債権が回収できなくなると、ファクタリング利用者へ償還を求めるてくる場合があります。

    結論を言えば、このようなファクタリング業者は悪徳業者です

    このように利用者に償還を求める権利を「償還請求権」といいます。

    実は、「償還請求権」ありのファクタリング契約は、債権譲渡契約ではなく「債権担保融資」と判断される可能性があります

    ファクタリングが融資と見なされると、貸金業の認可を受けていないファクタリング業者は違法行為を行ったことになるのです。

    そのため、現在のファクタリングは償還請求権がない、ノンリコース契約が基本となっています。

    債権が回収不能になった場合に償還を求められた場合の対処法

    上述のように、償還請求権ありのファクタリング契約は違法ですので、仮に騙されて契約を結んでしまっても、裁判で契約を無効にすることができます。

    ですので、売掛債権が回収できなくなった場合に、ファクタリング業者から償還を求められた際は、速やかに弁護士に相談しましょう

    不良債権のファクタリングはNG!

    ファクタリング契約は基本的に、償還請求権がありません。

    ということは、ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらえば、売掛債権が回収不能になるリスクを移転したうえ、面倒な債権回収の必要もなくなりますよね。

    しかし、だからといって回収見込みがない売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらおうと考えるのはやめたほうが良いでしょう。

    ファクタリング契約時には審査があります。この際に、特に重視されるのは取引先の信用情報です。

    少し調べれば、取引先の経営状態は簡単に判明するので、不良債権をファクタリングするのはまず不可能です。

    もし契約できたとしても、手数料が非常に高額になってしまい、メリットはありません。

    売掛金を確実に回収するための「保証ファクタリング」という手もある

    保証ファクタリングとは、ファクタリング会社に売掛金に対する一定割合の保証料を支払うことで、次のようなサービスを提供してくれるものです。

    • 売掛債権が回収不可能になった場合、ファクタリング会社が支払いを代行
    • 新規取引先・既存取引先の与信管理

    保証ファクタリングは取引先に利用が知られることがありませんので、売掛債権に保険をかけたことで取引先とトラブルが生じる心配はありません。

    まとめ

    今回はファクタリングの不渡りについて説明をしました。

    この記事のまとめ
    • ファクタリングの不渡りとは、ファクタリング業者に譲渡した売掛債権が現金化されないこと
    • 不渡りが起きた場合でも、基本的に利用者の責任は問われない(ノンリコース契約)
    • 売掛債権の不渡りリスク回避には、保証ファクタリングという手もある

    ファクタリングはスピーディーかつ自社の取引状況が悪くても利用できる近年非常に人気のある資金調達方法です。

    しかし、不渡りが起こると場合によってはファクタリング利用者側が補填しなければならないリスクがあるため注意が必要になります。

    ぜひ今回の記事を参考にしていただきファクタリングの不渡りについての知識を深めていただければ幸いです。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    【資金調達スタート】は、ファクタリング情報を網羅するウェブメディアです。現役経営者が利用者目線で、ファクタリングサービスを徹底的に調査・レビューし、あなたの要望にあわせたをファクタリング業者を見つけるお手伝いをさせていただきます。

    目次
    閉じる