【ファクタリングと他の資金調達手段】いつファクタリングを使うべきか?

【ファクタリングと他の資金調達手段の比較】

さまざまな資金調達手段があるなか、いつファクタリングを使うことを選択するべきか迷うこともあるでしょう。

本記事では「【ファクタリングと他の資金調達手段】いつファクタリングを使うべきか?」について解説します。

ファクタリングと融資・出資

【銀行取引】

ここでは、他の資金調達方法とファクタリングを比較してみます。

資金調達方法には、

  • 銀行融資
  • 日本政策金融公庫の融資(創業融資等)
  • 株式出資

などの方法があります。

これらの手法とファクタリングを比較したのが、以下の表です。

 
ファクタリング

銀行融資
日本政策金融公庫
(創業融資)
株式発行
(株式会社に限る)
調達額低〜中
スピード
確実性
安全性
難度
コスト

銀行融資

事業の形態によらず、もっとも一般的な資金調達方法が銀行融資でしょう。

銀行との間で、金銭消費貸借契約を締結して、金銭を借り受ける資金調達方法です。

低金利で高額、長期間の借入ができることから、事業主にとってメリットが大きい反面、審査の厳しさや人的・物的担保の必要性が壁となります。

日本政策金融公庫の創業融資等

担保不要で低金利、高額の融資を得られることから人気の方法です。

創業時には、ぜひ利用したい資金調達方法といえます。

しかし、事業主にとってのメリットが多い反面、詳細な事業計画書の作成などクリアすべき要件も多く、融資難度が高いのがネックです。

株式の発行(株式会社限定)

出資の対価として、株式を割り当てる資金調達方法です。

大企業では低コストで大量の資金を集めることができる手法として広く活用されていますね。

しかし、日本のほどんどの会社では株式の譲渡に制限を設けており、中小企業の事業主にとっては利用しやすい方法とはいえません。

ファクタリング

上記3種の資金調達方法と比べて、ファクタリングは売掛金さえあれば、すぐに、確実に資金調達することができるというメリットがあります。

ファクタリングをうまく活用することができれば、新規の投資等にすばやく資金を投入することができ、事業のスピードアップをはかることができるでしょう。

一方で、コストは非常に高額になることがある点には注意が必要です。

コストパフォーマンスに優れ、信頼できるファクタリング会社を見つけることが、ファクタリングをうまく使う鍵といえます。

いつファクタリングを利用するのが効果的か?

いつファクタリングを利用するのが効果的か

では、他の資金調達方法ではなく、「ファクタリング」を使うタイミングはどういうときでしょうか?

次のような場合は、ファクタリングの利用を検討するとよいでしょう。

  1. 一時的な現金不足で、つなぎ融資が必要
  2. ファクタリング以外の資金調達手段が利用できない
  3. 不動産や保証人がないため、融資が受けられない
  4. 税金滞納があるため、融資が受けられない
  5. 金融機関への短期返済資金が不足しそう
  6. 新規事業の資金が不足している
  7. 急激な売上増減で資金ショートが発生
  8. 取引先の倒産・入金ズレがおこりそう

①一時的な現金不足で、つなぎ融資が必要

単純に現金が必要ならば、銀行融資を検討する経営者が多いでしょう。

しかし、融資にはデメリットもあります。

  • 間に合わない
  • 決算書の内容が悪くなる
  • 信用情報に影響する

特に、支払いに間に合わないというのは致命的です。

その点、ファクタリングならすぐに「つなぎ融資」が実現できます。

②ファクタリング以外の資金調達手段が利用できない

事業を継続していれば、ときには業績悪化で、融資を受けられない状況もでてくるものです。

ファクタリングでは、売掛金の信頼性が重視されます。

あなたの事業が苦しい状態でも、売掛金をきちんと回収できる目処があれば、資金調達は成功します。

③不動産や保証人がないため、融資が受けられない

融資では、担保となる不動産や保証人を設定する必要があります。

しかし、担保が用意できない場合は、この条件を満たせません。事業開始まもない場合など、担保になるものなど無いことが普通です。

一方で、ファクタリングでは担保・保証人は要求されません。

もし要求されたら、そのファクタリング会社はいわゆるヤミ金等である可能性があります。

契約は、絶対に断るべきです。

④税金滞納があるため、融資が受けられない

銀行融資等では、かならず税金の納付状況をチェックされます。

もちろん、滞納があれば解消されるまで融資は受けられません。

一方で、ファクタリングは税金滞納中でも利用できます。

⑤金融機関への短期返済資金が不足しそう

金融機関への返済が滞っていては、次の融資を受けられません。ファクタリングならすぐに返済資金を準備できます。

⑥新規事業の資金が不足している

新規事業には、多くの資金が必要です。

銀行融資や日本政策金融公庫等の創業融資・補助金が最優先ですが、これらは調達までに時間がかかり、提出資料をつくる手間も無視できません。

ファクタリングを利用すれば、すぐに資金をつくり新規事業に投資できます。

⑦急激な売上増減で資金ショートが発生

資金が足りなくなるのは、売上が減ったときだけではありません。

急激な売上増のときにも必要資金がショートすることがあります。

ファクタリングなら、急激な売上増減による資金ショートにも対応できます。

⑧取引先の倒産・入金ズレがおこりそう

取引先が倒産すれば、売掛金は回収できなくなります。

心配なのは連鎖倒産です。

その点、ファクタリングは売掛金の回収が不可能になった場合でも返還義務がない(ノンリコース)契約が一般的なため、売掛金が未回収になるリスクを回避できます。

まとめ

本記事では「【ファクタリングと他の資金調達手段】いつファクタリングを使うべきか?」について解説しました。

他の資金調達方法と比較したうえで、以下のような場合には、ファクタリングの利用を検討しましょう。

  1. 一時的な現金不足で、つなぎ融資が必要
  2. ファクタリング以外の資金調達手段が利用できない
  3. 不動産や保証人がないため、融資が受けられない
  4. 税金滞納があるため、融資が受けられない
  5. 金融機関への短期返済資金が不足しそう
  6. 新規事業の資金が不足している
  7. 急激な売上増減で資金ショートが発生
  8. 取引先の倒産・入金ズレがおこりそう